やる気が出た日には。

2018/02/17 Sat 23:25




晴れた!

それだけで、気分が良いし、元気が出るし、やる気も出る感じ。



お昼御飯のあと、鳥探しに鳥探しに出掛けたけど、

いつもの山の方は鳥の声が全然聴こえてこなくて、すごく静か。

これは今日はだめだな。



さて、ここで粘るか、ぼちぼち帰るか、少し離れた公園の方へ行ってみるか。

一瞬考えて、少し時間に余裕があるから、公園に行ってみることに。

そこから、徒歩30分。

鳥がいなくても、まぁ、今日はウォーキングってことで、いっか。



とことこ歩いて、着いた公園はこんなところ。 ↓



20180217-IMG_4452.jpg



メタセコイア ↑

いいよね、なんか、絵になる感じ。



この木はなんていう木かなぁ。 ↓



20180217-IMG_4453.jpg



意外に広いこの公園は遊歩道があって。



20180217-IMG_4458.jpg



こんな道を歩くの、好きだな。



20180217-IMG_4459.jpg



晴れているから、気持ち良いし。



20180217-IMG_4461.jpg



遠くで鳥の声が聴こえるような気がするけど、姿は見えず。



20180217-IMG_4460.jpg



こんなところ、よじ登るの好きだったな、子供のころから。



20180217-IMG_4457.jpg



登るのはいいけど、降りる方が難しい。



20180217-IMG_4463.jpg



ここは良いところだな。



20180217-IMG_4462.jpg



ここから、我が家まで徒歩20分くらい。

今日はよく歩いた。




スポンサーサイト
未分類。 | コメント(0) | トラックバック(0)



久しぶりに図書館に行きました。



あ、

池谷裕二さんの新しい本が。



20180214-IMG_4436.jpg



偶然読んだ 『 海馬 』 以来、池谷さんの本は大好きです。

たぶん、ほとんどの本は読んでいるんじゃないかと思う。

ま、内容がどれだけ記憶に残っているかは微妙なところだけど(笑)



なんか、元気が出るんですよね。

私の脳、まだイケる!! みたいな(笑)



今回の本も、とっても良いです。

50歳の脳も、まだまだイケる! と、元気が出てきます。



最近、季節柄なのか、気分が沈みがちだったんだけど、

良いタイミングでこの本に出会いました(^^)


読書記録。 | コメント(0) | トラックバック(0)

採用したのは普通のこと。

2018/02/12 Mon 20:27




あらら、どうしましょ、下書き保存してたはずが 公開 になってた!!

最後の方、尻切れトンボのままだったし(^_^;)

まぁ、いっか。

続きを書き足して、そのまま、アップしておこう(笑)




あら、意外。

ブログ内検索かけても出てこない、 『 生きがいの創造 』 って本のこと。

書いたような気がしてたんだけどな。



ずいぶん前に流行って、ずいぶん前に読んだ本。

当時、この本、とても新鮮だったし、すごく好きだった。

そして、 「 これは採用だ! 」 って思ったのね、この考え方。



嫌なこととか、しんどいこととかあっても、

これは、自分で自分の人生にプログラムしたことなんだ、

これは、自分で自分に出した課題なんだ、

と思うと、なんかちょっと気持ちがラクになるっていうか。



なんでこんなことプログラムしちゃったんだろう、

もっとラクに生きれるようにしとかなかったんだろう、

バカだな、私って、

とか思ったり。



この本に書かれてることが本当かどうかは関係ないと思ってたんだけど、

長年この考え方を採用してると、もしかしたら、これって本当なんじゃないかなって

感じることが多いです。



具体的には、例えば、

「 この人生で、私は子供を持たない 」 と、決めて生まれてきたような気がしてならなかったり。



こうすると決めて生まれてきたはずなのに、 「 やっぱり、いやだ・・・ 」 と

生まれてきたあとに、自分の計画を猛後悔してるんじゃないかと思うようなことがあったり。

一度決めたことを後からアレコレ悩むのは、いかにも私らしいし。



子供を生まないと決めたこと、決めれ生まれてきたはずのことを後悔しまくった以外は、

たぶん、私は普通を希望したはず。

ごく普通の容姿、ごく普通の家庭環境、ごく普通の生活、ごく普通の能力、

ごく普通の人が経験するであろうことを、ごく普通にやろうと。



ひと様より苦労しているような気分になって愚痴ることも多いけど、

客観的に見れば何てことない、ごく普通のこと。

特別な誰かじゃなく、その他大勢のひとり。



しかし、アドラー心理学の本に書いてあったように、普通であることを受け入れるのは

ときとして、勇気のいることだったりするんだよね。




未分類。 | コメント(0) | トラックバック(0)



イ ソ シ ギ ( 磯 鷸 )



20180102-DSCF5048.jpg



何度調べても、この子はイソシギというらしいのだけど、

ここって、磯じゃないんだけどなぁ。



20180102-DSCF5047.jpg



近所の小さな川です。



20180102-DSCF5046.jpg



いつでもそこにいそうだけど、滅多に会いません。

鳥探しを始めてから、たぶん、4~5年くらいにはなると思うんだけど、

会ったのは2回目です。



20180102-DSCF5044.jpg



久しぶりに、名前のわからない鳥だったので調べました。

このへんで私が見かける鳥はごく限られた種類なので、

最近は調べることもなかったんだけどね。



名前のわからない鳥、調べるのもなかなか楽しいです。



ちなみに、 『 いそしぎ 』 って、なんかどっかで聞いたことあるなぁと思って調べたら、

ウィキさんで、こんなん出てきました。


『いそしぎ』(The Sandpiper)は、1965年のアメリカ合衆国のドラマ映画。

当時、夫婦だったエリザベス・テイラーとリチャード・バートンの、

結婚後の初の共演作であり、主題歌『シャドウ・オブ・ユア・スマイル』は

第38回アカデミー賞の歌曲賞を受賞した。

自由な心を持つ美しい女流画家と、妻子ある学校長との半年間の恋を描くメロドラマ。

題名の『いそしぎ』は、ヒロインが海岸で保護した幼鳥の種名(磯鷸)である。

羽の折れた幼鳥をヒロインが手当てし、大空へ飛び立たせるエピソードは、

登場人物の心情の変化を象徴している。




だって。



では。



鳥たち。 | コメント(1) | トラックバック(0)

派手なのか、地味なのか。

2018/02/08 Thu 06:07




この子って、

派手なんだか、地味なんだか、よくわからない、

と思う。



20180204-MG_4377.jpg



ミヤマホオジロ ( 深山頬白 )

の、男の子。



20180204-IMG_4383.jpg



頭と体が別人 ( 別鳥? ) みたい。

冠羽があり、黒と黄色と白で構成されている派手な頭部分と、

スズメと間違えちゃいそうな茶色で地味な体部分。



20180204-MG_4314.jpg



一見地味に見える茶色部分も、よ~く見るとツヤツヤしてて、

実は、とってもキレイなんだけど。



20180204-IMG_4382.jpg



地面をちょこちょこ歩いていることが多いこの子は、

落ち葉にまぎれると、ほとんどわからなくて

何かが動いているのがわずかにわかる程度。



20180204-IMG_4381.jpg



しかも、遠目にはスズメと区別がつかない。



20180204-IMG_4343.jpg



冬の山にスズメはいないので、スズメじゃない何かと思って、

写真を撮ってみてやっとわかる。



20180204-IMG_4320.jpg



数羽の群れで見かけるこの子。



20180204-IMG_4315.jpg



何羽いても、みんな同じ色柄なので、勝手に雌雄同じと思っていたけど、

思い違いで、女の子は冠羽はあるものの頭の部分も茶色っぽくて、

全体的に茶色みたい。



20180204-IMG_4296.jpg



女の子は・・・見たことあるかな・・・?



20180204-IMG_4295.jpg



木の枝にとまってるところを見ることが少ないこの子。



20180204-IMG_4293.jpg



めずらしく木にとまってたけど、ちょっと暗かったので、こんな写真。 ↓



20180204-IMG_4375.jpg



週末、お天気が良かったら、また、鳥探しに行こう。




鳥たち。 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »