そうだ、そうだ、書いておかねば!



と、思って書き始めてはみたものの、結局、書き上げられなかった。

何だかんだで、週末は記事をアップできないことが多い。

やっぱり、時間があるからかなぁ。



平日に比べれば時間はあるはずなのに、そもそもパソコンを立ち上げられない。

立ち上げても、パソコンの前に座れない。

要領が悪いのかなぁ。



家にいるってさ、時間がいっぱいあると思うのに、気付けば夕方、

そして、あっという間に夜になって、一日が終わる。

なんでかなぁ。





と、またもや、前置きが長くなってしまったところで本題に(^_^;)



10月上旬のダイビングで、フィンを変えてみたら、全然ダメだったって話。

ひさびさ、以前使っていたものを使ってみただけなのに、

腹筋が痛いし、バランスは取れないし、大変だったんです。



旦那に言わせれば、

「 フィンを変えただけでボロボロになるって、スキルがないだけ 」

ってことらしいです(-_-;)

まぁね、確かにそうなんだけどさ。



旦那は、いつでもムカつくほど余裕なんだよね。

なんか悔しいけど、そのおかげで旦那と一緒だと安心して潜れるのは事実。

私も自立したダイバー目指して、スキルアップせねば~。



で、フィンの話。

こちら、ダイビングを始めたころに使っていたフィン。 ↓



20171009-PA090285.jpg



左側に置いてあるブーツと一緒に装着します。

少しの力でメッチャしなるので、脚力の弱い女性にピッタリ。



でも、慣れてくるとしなり過ぎて、ちょっとパワーが足りないなぁと感じるようになって、

最近はちょっと硬いフィンを使ってます。



右側の白いのが旦那のMEWです。 ↓



20171009-PA090286.jpg



フルフットを裸足で履くのに憧れてたんだよね~。

実際、使ってみると、

履きやすいし、私の足でも短距離であれば結構スピードが出せるし、小回りがきくし、

なかなか使い心地良いです。



左: 旧フィンは軽くて、海では浮きます。

右: 現行フィンは少し重くて、海では沈みます。



20171022-DSCF4572.jpg



浮くフィンと沈むフィン。

それだけで、あんなに水中でのバランスが変わってくるとは・・・。

腹筋、死にそうだったし。



ムムム、海はなかなか手ごわいぞ。








スポンサーサイト
ダイビング | コメント(0) | トラックバック(0)



宮古島の写真をチェックしていたら、こんな写真もあった!

ので、とりあえず、アップしてみようと思います。



アラグスク海岸 でございます。



20170916-P9160003.jpg



新城 と書いて、 アラグスク

沖縄では、 のことを グスク と言いますよね。



地名としても面白いこの場所、他にも面白いことがあります。

ここって、海水浴場じゃないんです。

海岸なんです。

だって、看板にそう書いてあるんだもん。

看板の写真がないことが残念だけど、そう書いてあるんです。

不思議でしょ?

みんな海水浴してるのに。



20170916-P9160004.jpg



もうひとつ面白いのは、 ↑ の白いテーブルは無料なんだけど、

↓ こっちのパラする付きの青いテーブルは、ここのお店でお食事をしないと使っちゃいけないの。



20170916-P9160005.jpg



パラするつきは嬉しいかもしれないけど、太陽が真上じゃなきゃあんまり意味がないし、

そもそも、この日は風が強かったから差せないし。

商売っ気があるような、ないような。





で、ここへ何をしに来たかというと、シュノーケルでございます。



20170916-P9160008.jpg



水着に、レギンスに、短パン、ラッシュガードのフードをしっかり被って、日よけ対策万全。

マスクと、シュノーケルと、フィンを着けたら完璧。

左から右へ、潮が流れているので、プカプカ浮きながら、プチ・ドリフト遊び。



20170916-P9160006.jpg



ほら~、めっちゃキレイ!!



20170916-P9160011.jpg



人って、こんなふうに水面に平行になっていれば普通に浮くわけなんだけど、

私は足が付かないところはコワいです。

浮くってわかってても、コワい。

他にもシュノーケルしてる人たちはいたけど、みんな、ライフ・ジャケット着用です。



しかし!!

溺れそうでコワいという感覚を克服したい!!



ので、足が届かない深いところにも行ってみました。

旦那がいるので、何かあったら助けてくれるでしょ、と信じて。

本当はちょっとコワかったけど、やってみなくちゃ、いつまでたっても出来ないままだしね。



この写真を見るかぎりでは、コワがってるようには見えないよね?(笑)



20170916-P9160009.jpg



あと、もうひとつ。

旦那と友達は、シュノーケルをくわえたまま、水中に潜って行けますが、

私は行けなくて。



潜るとシュノーケルの中に海水が入るじゃないですか?

浮上してきたときにその海水を吸い込んでむせてしまうのが怖くって。



そうならないためには、浮上してきたときにシュノーケル・クリア。

シュノーケルの中の海水を自分の息でフーッッッと抜かなければなりませぬ。



20170916-P9160012.jpg



コワかったけど、最後の方では行けるようになりました!!



↑ 
自慢!!!(笑)

結構うれしい。

わたし的、かなりの達成感でした。












ダイビング | コメント(4) | トラックバック(0)



池間大橋。



20170918-DSCF4389.jpg



1本も潜れなかった宮古島の最終日。



20170918-DSCF4390.jpg



伊良部大橋からの眺めはダイナミックで、こわいような気がするけど、

池間大橋から見る海は、やさしい美しさです。



20170918-DSCF4391.jpg



何度見てもキレイ。



20170918-DSCF4392.jpg



宮古島最終日、こんなキレイな海を見せてくれちゃって。



20170918-DSCF4393.jpg



この日からダイビングも再開されて。



20170918-DSCF4394.jpg



最終日が潜れんっちゅうのに。



20170918-DSCF4395.jpg



この青い海を見ていたら、潜れんかったことが余計に悲しくなってくる。



20170918-DSCF4396.jpg



上からだけじゃなく、中からも見たかったなぁ、

宮古島の海。




ダイビング | コメント(4) | トラックバック(0)

潜れなかった宮古島

2017/09/27 Wed 05:48




9/14 ~ 9/18

4泊5日で宮古島に行ってましたが。



私たちが宮古島滞在中、少しはなれたところに足踏みするように居座り続けた台風18号。

宮古島は、ずっと強風域に入ったまま。



結局、1本も潜れず(T_T)



[広告] VPS




↑ こんな海況だったので、仕方ないっちゃ仕方ないのだけど。



ああ~、悔しい~~~!!




ダイビング | コメント(4) | トラックバック(0)


先週末、近場の海に潜ってきました。



前回の海はニゴニゴで何にも見えんかったけど、今回はスッキリよく見えました。

前回は透明度3~5m、今回は15~20mくらい、かな。

透明度5mって、ちょっと離れただけでバディの姿も確認できなくなっちゃうくらいです。



さてさて、今回はこんな子に会えました。 ↓



20170826-P8260136.jpg



ミナミハコフグ の 幼魚 で す。



20170826-P8260133.jpg



か、可愛い(#^.^#)

海の中でもひときわ目立つ黄色が可愛すぎる。



20170826-P8260142.jpg



四角い形も、尖った口も、泳ぐ姿もとってもキュート♪



20170826-P8260135.jpg



大人になると、今のこの姿とは似ても似つかない、可愛くない姿になるらしいです。



20170826-P8260134.jpg



お願いだから、そのままの姿で大きくなって。

無理か・・・(^_^;)





ところで、今回の探しもの。



20170826-P8260124.jpg



南の島にしかいないと思っていた クマノミ が、

近場の海にもいるというので探しに来たのです。



20170826-P8260123.jpg



いました。

たった1匹だけ。



20170826-P8260126.jpg



仲間もいないようだし、

住処のイソギンチャクもどこにあるのかわからないような状態だったけど、

元気に泳いでました。

たぶん、ここに潜りに来る人に連日追い掛け回されてるんじゃないかなぁ。

ま、人気者だから、仕方ないよね。










ダイビング | コメント(3) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »