お風呂のリフォーム、月曜から工事が始まりました。



工事初日、仕事が終わって家に帰ったら、じいちゃんばあちゃんが大騒ぎ。

「 ちょっと、ちょっと!! 」

「 お湯が出らんのよ! 」

「 電気が点いてないとよ! 」

二人同時にしゃべりまくるから、状況が飲み込めない (-_-;)



よくよく聞いて、話をまとめてみると、

家中のお湯が出ないから、業者の人に電話して聞いてみてほしい

ということらしい。



お風呂はもちろん使えないけど、それ以外でお湯を使うところ、

キッチンや洗面所などでお湯が出ないのはどうして? と。



20170411125654b9c.jpg



はいはい、言いたいことはわかりました。

ということで、とりあえず、電話してみたけど、会社は業務が終了してるし、

担当者の携帯もつながらない。

まぁ、そうだよね、この時間じゃね。



20170411125713e61.jpg



うう~ん、じいちゃんばあちゃん、どうして私の帰りを待った?

もっと早い時間だったら、電話が通じた可能性大。



私が家に帰るのはいつも20時過ぎなんです。

どうして、その前に 「 お湯が出ないんです 」 って電話1本しなかったんだろう?



うちのじいちゃんばあちゃん、

まだまだ元気だし、まだまだしっかりしているし、大丈夫大丈夫って感じで

いつまでも今と同じ状況が続くような気がしていたけど、

そんなことはないんだよね。



老いは確実に進んでいるんだよね。

じいちゃんばあちゃんだけじゃなく、私自身も。



いろいろ考えてしまうなぁ・・・。














スポンサーサイト
親たちのこと。 | コメント(2) | トラックバック(0)

ジャンルのおとなりさん。

2017/02/22 Wed 12:48




f c 2 にアクセスすると、必ずランキングを確認します。



私の順位は、まぁ、良くて500位くらい、

ちょっと記事を書かないでいると、すぐ1,500位くらいになっちゃいます。

だいたい、その間をウロウロ。



そこで、自分の順位に愕然として、

TOP20の方々に羨望のまなざしを向ける。



・・・わけではなくて、

ジャンルのおとなりさん を見ています。



そのへんの順位だと、もう更新されてなくて広告が出てる方も多いです。

よくお見かけする方もあれば、

「 おや、この方は初めて 」 という方もおられます。



新しい出会いを求めて、というか、

どんな方がいらっしゃるのかなぁ、と。



そんな中、とっても嬉しい出会いがありました。

といっても、一方通行の、私の片想いなんですけどね。



結婚式の写真。

これは、写真館の方のブログなのかな?

とっても素敵な結婚式の写真がいっぱいで、私まで幸せな気分になりました。



素敵な笑顔。

素敵なワンシーン。

結婚式以外の写真も、どれも素敵。



プロの方の写真なんだなぁと思いました。

素敵過ぎる。



写真を撮るのは好きだけど、空や、雲や、鳥や、草花たちばかり。

人を撮ることには興味がなくて。



でも、あの写真たちを見ていると、

家族や身近な人の一瞬を切り取ることができたらいいなぁ、と、

ふと思ってしまいました。







>>続きを読む・・・
親たちのこと。 | コメント(0) | トラックバック(0)

スイッチが入る。

2016/08/26 Fri 12:45




スイッチが入ったかも?



面倒くさいし、しんどいし、「自分達で何とかしてよ~」的な気持ちがいっぱいで、

スイッチが入るまでに時間がかかったけど、

「やる」と決めてしまえば、ボチボチでもやれそうな気がしてきた。



7年間、お母さんの介護を続けている友達が、

「 一日1回は笑わせるようなことを言うようにしてるんよ 」 と言っていた。

すごいなぁ、私には真似できないなぁと思ってた。

でも、まぁ、ボチボチなら、私も何とかやれるかも?



大半のことは一緒に住んでいる妹がやってくれている。

私は、一緒に住んでいるわけじゃないし、

絶対に毎日通わなくちゃいけないわけでもない。

父も母も寝たきりなわけじゃないし、何とか自分のことは自分でできる。



私の方が、友達や一緒に暮らしてる妹よりもずっと楽なはず。

仕事帰りにちょっと実家のお手伝いしするくらい、きっとできるはず。





一度、父が食事のときに 「 食べさせてくれ 」 と言ったけど、

聞こえない振りして華麗にスルー。

そこまでやってあげちゃったら、何にもできなくなっちゃいそうだし、

食べることさえ自分でしなくなったら、生きるパワーも湧いてこない気がする。



若干、ボケ始めている母と一緒に台所に立ち、

「 お母さん、ナスの焼き加減、これくらいでいい? 」

「 私がこっちをやるから、あっちをお願い~。 」

などと言いつつ、お料理をすることでボケ防止をねらう。



「 食べたくない。 」

「 食べる気がしない。 」

昨夜の父と母はそう言っていたけど、食べ始めてみれば少し多めの晩御飯を完食。

「 全部食べられたよ! 」 と子供のように喜ぶ父。



父も母も笑って食事ができた。

いつも今回のように調子良くいくときばかりではないだろうけど、

まぁ、できるだけのことはやってみよう。



親たちのこと。 | コメント(10) | トラックバック(0)
 | HOME |