入社試験秘話。

2012/04/25 Wed 23:33

今どきは、就職もかなり難しそうですね。

長男・伯太くんも、大学4年生で、就活、頑張ってます。

大学の就職センターの方の話では、
「 10社や20社落とされるのは当たり前と思ってください。 」
とのことだった。

なかなか厳しいです。



私が入社した当時は、景気は下り坂だったものの、今ほどの厳しくさはなくて。

もう少し、のんびりしたものだったような。



就職と言って思い出すのは、入社試験のときのこと。


筆記試験で。

私は、わかるところはもちろん書いたけど、

わからないところ、自信のないところ、迷ったところは全部空欄で提出。

結果的にそうなったわけじゃなく、意図してそうしたの。


自信を持って書けるところしか、書かない。


それに気付く試験官はいるのか?

どうなんだ?

今になって思えば、ただの生意気な女子高生だったんだけど(^_^;)



気付いたのはJ支店長。

そして、私を推してくれた。

「 わからないことをウヤムヤにせず、わからないと言ってもらった方が良い。 」 と。


他の方々の意見は、

「 わからなくても、一問でも多く答えようとする姿勢も大事なんじゃないか? 」 というもの。



それを押し切って、私を採用してくれたJ支店長。

思えば、J支店長との出会いがなかったら、私の勤続26年はなかったな。

これも、縁というものなのかしら。



そういえば、面接の時のJ支店長の質問。

「 好きな歌手は誰ですか? 」

入社面接にしてはくだけた質問だけど、その時の私は大真面目に考えた。



誰って答えよう?

そんなこと聞かれると思わなかったから、とっさに誰か一人って思い浮かばない。

え~っと、え~っと・・・。


「 サザンオールスターズです。 」


サザンは、もちろん好きだけど、他にもたくさん好きな人がいたんだけどなぁ。

当時は、浜田省吾の大ファンだったはずなんだけど?

甲斐バンドや、佐野元春、大滝詠一、大沢誉志幸などなど好きだったはずだけど?

おじさんにもわかる人を・・・って思ったんだったっけ?(笑)



今でも、飲み会の席では時々、J支店長がその時のことを話題にする。

「 あの時、aoさんはサザンオールスターズが好きって言ってたよね。 」 って。

もう26年も前の話なんだけど(^_^;)


支店長、随分長いご縁になりましたね(^^)



スポンサーサイト
未分類 | コメント(12) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »