ひっつき虫。

2014/12/30 Tue 23:33



冬は、わたし的野鳥観察の季節。

鳥を探して散歩に出掛けるけど、1~2時間歩き回っても姿を確認できるのはほんの数回。

カメラを向けるチャンスがあるのはさらに少なく、しかも、一瞬。

つまり、ほとんど空振り。



鳥に出会えなかった日は、足元の野草を撮影したり。

野草は逃げずに、ずっとそこにいてくれるしね(笑)



図書館で借りた本で名前を調べているけど、違いが微妙すぎてわからないこと多々。

どこにでもある雑草なのに、名前は知らない。

調べてもわからない。

でも、どの花にも名前はちゃんとあるみたい。



オニノゲシ ↓


PC280160.jpg


もしかしたら、 ノゲシ かもしれませぬ。↑

家に帰ってから調べたら、オニノゲシとノゲシは葉の付き方に違いがあることがわかったけど、

写真には花だけしか撮らなかったから、わからない・・・(^_^;)


いわゆる雑草だけど、こうやって見ると、案外キレイでしょ?





こちらは、たぶん、 コセンダングサ ↓


PC280174.jpg


こんなふうに咲いてます ↓


PC280170.jpg


そして、この花はこうなって、 ひっつき虫 になります ↓


PC280167.jpg


このひっつき虫、子供の頃、頭の部分を千切って服にくっ付けたりして遊んでました(^^)

上の写真から、さらに進むとこんな状態 ↓

PC280162.jpg


この状態になると、ちょっと触れただけで先っぽの細い一本一本が服にくっ付きますね。




そして、これもひっつき虫、 オオオナモミ ↓


PC280161.jpg


これは、トゲがくっ付くんだけど、トゲだから触るとイタイ。

でも、これもくっ付けて遊んでたな。



この写真を撮って家に帰ったら、服にいっぱいひっつき虫がくっ付いてました(^_^;)

コセンダングサの先っぽがバラバラになったヤツ。

これ、取りにくいのよね~。



いい大人が、何をやってんだか(笑)

でも、ひっつき虫を取りながら、何だか楽しい気分にだった(^^)




スポンサーサイト
未分類 | コメント(6) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »