ちょっと前に、アドラー心理学が流行っていたようですが。

今も流行っているのかな?



1年ほど前、アドラー心理学について書かれた「嫌われる勇気」という本を読みました。

視点がまるで違う、それまで思いもしなかった考え方。



20150716-11755829_434896383349019_5039392153633371090_n[1]



従来の考え方から、その考え方に切り替えるのに、

それまで生きてきた年数の半分かかるんだとか。



20歳なら10年、30歳なら15年、40歳なら20年、50歳なら25年、60歳なら30年、

70歳なら35年・・・ここまでくるともはや生きているうちに変わることは難しいのでは・・・。



ところで、私は結婚して9年ちょい。

結婚当初、新しい家族に囲まれての生活は楽しくもあるけれど、

まぁ、気疲れとイライラと混乱の毎日。



考え方、感じ方、生活習慣の違いに慣れず戸惑い、疲労困憊の日々。

それでも、時間は1日1日確実に流れて、気付けば9年。



そんなある日、仕事帰りに実家に寄ったら、ふと違和感を感じた。

何かがちがう。

40年近く暮らした実家より、今住んでいる我が家の方が居心地が良い気がした。

不思議。



少しずつ少しずつ、行きつ戻りつしながらも感じ方が我が家色に染まっているような?

我が家色なのか、旦那色なのか、わからないけど。

9年あれば、実家に違和感を感じるほど変われるもんなのかと、

自分のことなのに、何だか驚いてしまった。



もちろん、ひとりで変われたわけじゃなくて、旦那や家族がいてくれたからだと思う。

逆に言えば、誰かがいてくれれば変われるもんなんだとも思った。

ひとりじゃないって、すごい。



ちなみに、旦那は何にも言わない。

なんかいつも楽しそうで、いつもニコニコしてる。

私が、 「 ああしたい、これしたい 」 と言うことに、いつも 「 いいんじゃない? 」 と答える。



旦那が私にずっと 「 OK 」 を出し続けてくれたから?



独身が長かったので、結婚って面倒くさいってずっと思ってきたけど、

ひとりじゃないって、すごいことなのかも。




スポンサーサイト
未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »