朝と夜の使い分け。

2017/03/01 Wed 23:50



前言撤回。

モーツァルトよりバッハの方が眠くなる(-_-)



あのとき聴いてたモーツァルトは 『 自律神経を整える音楽 』 ってことでの選曲だったから

眠くなったんだわ、きっと。



『 自律神経を整える音楽 』 っていうのは、

交感神経優位から副交感神経優位へシフトさせるための

穏やかな音楽のようです。



モーツァルトは朝向きでした。

普通に、 「 モーツァルトのベスト 」 みたいなのを選んで聴いてみると、

小鳥のさえずりのように軽快で、明るくて、朝の目覚めにはピッタリ。



朝はモーツァルト、夜はバッハ、

いいわねぇ~、何だか、ものすごい音楽通みたい(^^)v











ということで、夜になりました。

BGMはバッハでございます。



改めて聴いてみて思ったんだけど、バッハって新しくない?

いや、ただ単に、私がバッハなんて聴いたことないっていうだけのことだろうけど、

なんていうかこう、すごく新しく感じる。



クラシックなんか聴いたことないからね~、

どれも新鮮に感じる?



いやいや、でも、モーツァルトに新しさは感じなかったぞ。

モーツァルトの方がメジャーで、いつかどこかで聴いたことがあるから?



よくわかりませんが、

眠くなってきたので、そろそろ寝ます。

おやすみなさい。








スポンサーサイト
音たち。 | コメント(4) | トラックバック(0)
 | HOME |