ばばぁと神。

2017/05/18 Thu 06:10



「 A先生、 B先生、 C先生、 ばばぁ、 D先生、 E先生、だったと思う。 」



なんでそこだけ ばばぁ なん???



三男・叔太に、

「 小学校のときの担任の先生の名前とか覚えとるん? 」

と聞いたときの答えです。

なぜか、4年生のときの担任の先生だけ ばばぁ 呼ばわり(-_-;)



私  「 4年の先生だけ ばばぁ って、なんでなん? 」

叔  「 ばばぁ だから。 」

私  「 名前は覚えとるん? 」

叔  「 知らん。 覚えてない。 」



叔太が小学4年生って、私が結婚したときの担任の先生ってことだ。

若くはなかったけど、おばあちゃんってわけでもなかった。



んん~、思い出そうとするけど、他の先生に比べるとちょっと印象が薄い。

でも、小柄で、とても丁寧な話し方の先生だった記憶はある。



おとなしい先生、元気な先生、

ベテランな印象の先生、生真面目な先生、

熱心な先生、厳しい先生、

頼りがいのある先生、若い先生、熱い先生、

思えば、息子達の学校でいろんな先生にお会いしてきたなぁ。



叔太いわく、

「 あの先生は 神 」 という先生もいれば、

「 ばばぁ 」 と呼ばれる先生もいる。



今の年齢の、仕事を持つ私から見れば、学校の先生も同じ社会人。

同じ社会人って目線で見れば、学校の先生も職業の一つ、それが仕事ってだけで、

個性もあれば、個人差もあるよねって思う。



先生って言っても、普通に働く大人やん?

普通の人やん?



しかし。

子供たちにとっては、将来を左右するかもしれない存在なんだよね。



叔太が 「 神 」 と言っていた先生のことを、「 なんで神なん? 」 と聞いてみたら、

進路のことに非常に親身になってくれる先生なんだとか。

親的立場から見れば、やっぱり、そういう先生が良いなぁと思う。



子供の頃、少しの間、学校の先生になりたいと思っていた時期があった。

もしも、先生になっていたら、どんな先生になっていたかな。



ま、勉強しなかったから、先生になれるはずもないし、

あがり症の私は、そもそも教壇に立つことも難しかったと思うけどね(笑)







>>続きを読む・・・
スポンサーサイト
継母ごと | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME |