FC2ブログ
topimage

2020-08

裏表のある性格? - 2011.10.20 Thu

「ただいまぁ~。」


仕事から帰ってくると、リビングにじいちゃんが一人。

 じ  「今日は、叔太は学校から帰ってきたら、『きつかぁ~』って言うてくさ。
     風邪でも引いたかと思って熱ば測ったとばってんが、熱はなかと。
     でも、何とかかんとか言うて、とうとう今日は塾に行かんかったとばい。」
 
    (理解できる? じいちゃんの方言は、なかなか再現するのも難しい)

 私  「塾の日なのに、玄関に叔ちんの靴があるから、おかしいと思ってました~。
     風邪ですかね~?」

 じ  「ようわからんばってんが。」(訳:よく分からないけど)
 


一旦、2階に上がって着替えてリビングに戻ってくると、今度はばあちゃんが一人。

 ば  「今日は、叔太は、学校から帰ってきたら、頭が痛いとか、きついとか言って、
     塾には行かんかったとよ~。」

 私  「ああ、そうなんですってね~。風邪でも引いたんですかね~。」



こんなこと、よくあるのよ~。

じいちゃんとばあちゃんが、別々に同じ話をするの。

最初の頃は可笑しくってププッて笑ってたけど、もう慣れた(^^)



さてさて、叔太ってば、塾をサボるなんて、ちょっと問い詰めなくては!

 私  「何々~、叔ちん、今日は塾をサボったんだって~???」

 叔  「え~、これくらいでサボるヤツ、いっぱいおるんばい。」

サボリと決め付けた私の言葉に、特に意義も唱えず、あっさり認める叔太。

おいおい、少しは抵抗してくれ・・・(-_-;)

ま、でも、ずっと真面目に行ってたし、たまには、いっか♪



そして、旦那が帰ってきてから、私と同じような手順(?)を踏んで、
同じように叔太に問い詰めたらしい。

 父  「叔太、今日は塾をサボったんだって?」

 叔  「ちがう! サボってない! 本当に頭が痛かったと!」

 父  「ふ~ん、そうなん? (一_一) 」

 叔  「ほんとっちゃ。」



問い詰めるって言ったって、旦那も私も別に怒るわけでもない。

続くようなら考えなくちゃなと思うけど、たまになら、ね。



ただ、なんで、同じことを訊かれたのに、答えが違うんだ?

旦那と私、叔太の反応が違うんだ?

反抗期の叔太、何度も聞かれてメンドクサイからテキトーに答えてる?



いや、テスト期間中、旦那が帰って来ると、それまでやってたゲームを隠して、
おもむろに教科書を読んでるフリ・・・なんてこともある。

裏表のある性格?(笑

パパの前では、良い子のフリ?(笑)

こら!

私の前でも、良い子のフリをしろ~~~!(`´)



ま、パパには一目置いてるっちゅうことで、いいことにしときましょ^^


スポンサーサイト



● COMMENT ●

はははv-290
なんだか今日もほほえましいねえ~!!
そうよ~、タマにお休みしたいときは誰しもあるよねえ。

家族がいっぱいいるっていいなあ~。
答えが違うってのもまた良し(笑)
色んな人が同じ事聞いてくるって、愛情だよねえ。
パパに一目置いてるってのも健全な感じv-353
サザエさんちっぽくてこういうのがスキ(*^ー^)♪♪

その可愛さで、サボりもOK!

パパに一目おいてるってのは、やっぱaoちゃんがダンナさまを大事にしているおかげだしょ?
だって、ママがパパをちょっと軽く見ていると、子供ってものすごい敏感に察知するもんね。
こういうお家の中の、いちばんエライ人を作るのはママだもんね。
自分のお家を見ながら子供って育つから、ママの役どころって、名軍師みたいなトコあるよね。

それでいて叔太くんがママにだけホントのこと、打ち明けてくれるのがミソね。

でも、どうしてだろう……じいちゃんの方言にはそれほど萌えなかったのに、最後の「ほんとっちゃ。」にかわうぃーと、思ってしまうのは。

こんにちは

奥さんが 旦那様を 立ててるから
子供も お父さんに 一目 おくのでしょーね
ここって時に お父さんの 一喝って 必要ですものね
だから 叔太君も 自然に そんな風に 態度にでちゃうのでしょーね
お母さんに気を許してて 可愛いじゃないですか^^
将来 何かあった時に 良い味方になってくれそ^^

のんびりさま

こんにちは。

反抗期の叔太、生意気なことを言うことも増えてきたけど、
男の子の生意気度って全然大したことなくて、可愛いのよねン♪
ああ、我が家って、平和だわ(^^)

家族が多いって、大変なこともあるけどね~。
子供のことは見てないようで、誰かが見てるって感じなのかな?
大人が4人もいれば、誰かが絡んでる?(笑)

うちは男系家族なので、上下関係がはっきりしてるよ。
年功序列ってやつ?
年下のものは、年上のものに逆らわない。

実家は男子は父だけっていう家族だったので、男系社会って
新鮮っていうか、違和感っていうか、???っていうか、
最初はかなり戸惑ったな、そういえば^^;

真守さま

こんにちは。

我が家は息子3人なので、やっぱり、いざというときには
旦那が頼りっていう意識はあるなぁ。
私がパニクッても、旦那がいつでも余裕でいるから大丈夫
っていう安心感もあるし。

この安心感は、私にとっては大きいな。
私って、すぐ慌てたり、焦ったり、パニクッたりしちゃうタチだから、
旦那の「大丈夫よ♪」って雰囲気に随分助けられてる。
だから、少しくらいは旦那を大事にしなくちゃね(^^)v

私が名軍師だったら、いいんだけどね~。
全然、そんなんじゃないんだわ(^_^;)
でも、歴史モノの中で活躍する軍師って好きよ♪
自分が軍師みたく頭良かったら、嬉しいかも~。

「~っちゃ」って言葉は、たぶん、私の住んでる近辺だけの
方言じゃないかな?
以前、よそから来られた方が、女の子が「~っちゃ」って言うのは
可愛いけど、男の人が言うのは気持ち悪いと言ってたことがあるよ。
そのとき、これは方言だったんだと激しく認識したよ(>_<)

今日の方言すごくリアル!
でも、心配しなくても理解できるよ!
面白いね~
話してる本人の顔がうかんでくるくらい存在感あるもんだね!
これを、ばばばばっはなされたら、結構わからないかもね!

叔太くん、かわいいなぁ~
これってよくあることじゃないの?
aoさんには、気を許してるんだね。かわいいじゃない。
自分のことよくわかってて受け入れてくれると思ってるんだね。
本音を言える人がいるって、健全だよね。
aoさん、いい関係築いているような気がするよ。

こうやって客観的にみると結構冷静に読めるもんだね。
自分の娘にこういうことがあると、いらない心配しそうだな~。
今度から、客観視してみよう!

ふふ、何かわかるような気がする。
学生時代、思い出しました。

私はどちらかというと、放任主義に近かったような・・・
ちゃんとしてないと、後は知らねぇからなって感じでした。

それが合う通用する人と、通用しない人もいますが
私は通用する人だったみたいです。
この頃から、後から追い詰められるのが、嫌だったというのが
如実に出てた感じです。

いいバランスだと思いますよ。
片方が攻撃で、片方がクッション的な役割に見えます。
両方とも攻撃だったら、かわいそうに見えますから。

kotoneさま

こんばんは。

旦那様を立てるなんて、そんな立派なもんじゃないですよ~。
私はしょっちゅうイライラ、カリカリ、気持ちに余裕がないけど、
旦那の方が余裕がありますからね~。
その余裕が、一目置かれる余裕なんじゃないかしらん?
それに、うちは息子ばかりなので、やっぱりパパは頼りにしてるし(^^)

生意気ざかりだけど、なんだかんだ言って末っ子は可愛いですね♪
将来、良い味方には・・・なってくれるかなぁ?
あまり期待せずに、でも、少しだけ期待しちゃおうかなぁ~♪

aacoさま

こんばんは。

じいちゃんの方言、すごいでしょ?
じいちゃん、ばあちゃんは、こことは離れたところの出身なの。
旦那もだけどね。
特に、じいちゃんの方言はきつくて、最初はよく分からなかった。
でも、じいちゃん本人は、標準語と変わらない言葉で話してるつもり
らしいのよね(笑)

叔太にはね、なめられてるって言えば、なめられてるかもしれないけど、
私はいいんじゃないかと思ってて。
ばあちゃんや、旦那が「勉強しなさい」ってしょっちゅう言ってるから、
私はあまり言わないようにしてる。
ばあちゃんの手前、言わないのは多少気が引けるけどね。

でも、ただでさえ反抗期で会話が少なくなってるのに、話すことと言ったら
小言ばかりじゃ、なんだかなぁって感じでしょ?
だから、最近は、できるだけ小言じゃない話題を振ろうと意識してる。

この間のaacoさんの赤白帽子の記事を読んだ日の話題は、
「ねぇねぇ、ブルマーって知ってる?」だった(笑)
ブルマーって・・・。
我ながら、もうちょっとちがう話題はないのかと思っちゃったよ(^_^;)

小言を言わないのも忍耐いるよ~。
子供に対して、余裕あるように見せるのも、私一人じゃ無理~。

私一人だったら、たった1回塾をサボっただけで、「どうしよう?」
って、ドキドキしちゃうよ。
でも、じいちゃん、ばあちゃんや旦那が余裕な感じなので、
そんなに心配しなくても大丈夫さぁ~♪と思える。
周囲に助けられてばかりですぅ~(^^)v

GG3S B さま

こんばんは。

放任主義っていうのか何て言うのか、私自身は「自分のことは自分で」
が基本の考え方なんですよ。
自分のことは自分で考えて行動できる子になってほしいんです。

今どきって「自分で考える」ってことが出来る子が少ないような気がします。
何でも誰かがやってくれるって感覚?
ひと昔前とは、っていうか私が育った頃とは違ってきてるような?

放任主義は忍耐力いると思います。
人によるのかもしれないけど、放任するって、子供を信頼して
任せるってことでしょ?
ハラハラ、ドキドキしますよぉ~。
この子、こんなんで将来は大丈夫なのかしらって。
でも、大丈夫なんですよ、きっと。
私だって、一応、一人前に大人になれてるんですから(本当にそうか?)

子供に小言を言う時は、少し考えるようにはしています。
逃げ道を残しておいてあげれるように。
旦那が言ってる時は、私は言わないとか、フォローするとか。
ちゃんとできてるかどうかは別ですが、意識だけはするようにしてるかなぁ~。

こんばんは♪

じいちゃんの 方言?、可愛いね!!
なんか 暖かみがあるよぉ~
きっとじいちゃんも ばあちゃんも お互い「aoちゃんに忘れずに言わなきゃ!」って
思って居るんだね~

サボりもたまには 必要だと思うよ~
続くようだったらダメだけど たまにはね~(≧▽≦)b

うちの息子も 私には 色々喋ってたけど
旦那には 怒られると怖いので そつなくしてたわ。
でも、お父さんは 怖いくらいの存在で 良いのだと思うよ!
aoちゃんは フォロー役でさ~♪

うちの親は九州出身なので、方言、雰囲気、よくわかりますよ。
九州弁は若い女性が話すとかわいかったりします(^^;

子供の教育、っていうのはよくわかりませんが、
経験的に、「親に似る」。
どんな方法論、どんな教育しても、「親と似る」。
大丈夫、まちがった方向には進まない、きっと。

男の心理として、
若い母親だから、ちょっとはにかみ、ちょっと強がる。
それでも会話できてるんだから立派なもんです。

家族の中に、ちょっとコワイ人がいるって、大事だよね。
コワイ人ばっかりでも困るから、気が抜ける人も大事。

ao家は、みんないい味だしてますなぁ。

それから、keizさんのコメントに、ウンウンとうなづいて
しまいました。
子供と会話できてるって、ホントに立派なもんだと思う。

はちゅんさま

こんばんは。
お返事が遅くなってて、ごめんね(>_<)
週末は旦那といちゃいちゃしないといけないので~(笑)

じいちゃんの方言、わかった?
同じ九州圏内でも、少し離れたところからやって来たじいちゃんの方言は
かなり濃いらしくて、周囲の人に理解されないこともあったみたい。
でも、方言っていいよね♪
何とも言えない味があるもん(^^)

何だかね、帰って来るのを待ってたみたいに話し始めるのよ、
じいちゃんも、ばあちゃんも。
ずっと家にいるから、誰か帰って来ると少し新鮮みたい。
ちょっと一息つかせてくれ~ってときもあるんだよ~(^_^;)

あんまり真面目より、ちょっとくらいサボったりするくらい
いいんじゃないかなぁ~と、私も思う。
ずっとダラダラとサボってばかりになったら、どうしよう・・・
って不安にならないこともないけど、不安そうなところを
感じ取られるとよくないかなぁと思って、余裕なフリしてる(^^)v

はちゃんダーリンは、息子さんにとってもコワい存在?
男の子だから、父親はちょっとコワい存在くらいがいいんだろうね。
旦那が余裕で構えていてくれるおかげで、私も安心していられるよ(^^)

keizさま

こんばんは。
お返事が遅くなってて、すみませぬ。

keizさんは九州にご縁があるんですね(^^)
九州弁、可愛いですか?
可愛い子が、可愛く話すのを聞かれたんでしょう?
結構荒っぽくて、フツーに話していても標準語圏の方が聞くと、
喧嘩してるみたいって言われることもあるくらいなんですよ。
私も可愛く話すように気を付けなくちゃ。

子供は親に似る。
結婚してから、そう思います。
子供は、自分の親しか知らない。
自分が育った家庭しか知らないし、知りようもない。
我が家は声を荒げて怒鳴るような人がいないし、
ヒステリックになる人もいない。
愚痴を言ったり、嫌味を言ったりする人もいない。
だから、子供たちもそんなことは、ないですね。
知らないから、しようもないんです。
それはスゴイことですね。

私自身は愚痴ったり、文句を言ったり、不満を言ったり、
そういう性格なので、この家のすごさをすごく感じます。
子供たちが、私の悪い影響を受けないように、
私もいつも笑顔でいられるように努力中。
でも、なかなか難しいです(>_<)

ところで、keizさん、「若い母親」って言いました?
若いって言いました?
若いって?
もっと言ってください~~~(^O^)/
最近、「若い」って言葉に妙に敏感です。

旦那とたった2歳しか違わないので、子供たちの本当のお母さんでも
全然おかしくない年齢です。
子供たちは、新しいお母さんは若い人って期待していたかもしれないけど、
「残念でしたぁ~」って感じです(~_~;)

バウワウさま

こんばんは。

そうですね、ちょっとコワい人がいるって、大事だと思います。
特にうちは息子3人なので、父親に一目置いてるっていうのは
私にとっては、とっても安心感があります。
子供たちにっても、いいことだと思います。

でも、うちの旦那、全然コワくないんですよ。
子供達を怒ったところを見たことないです。
なんで、パパには話しにくいみたいなところがあるんだろ?
って不思議に思います。

子供と会話できてると言っても、たいしたことないんですよ。
反抗期だし、お年頃だし、ほとんど相手にしてもらえません。
ほんの数年前までは、もっと相手してくれてたのに(泣)
塾から帰っての夜食の時が、一番貴重な会話の時間かな。

父親は一目置かれる存在であるべし。。

就職したての頃、飲み会が多かったのね。
そこで父に…
「訳わからんくなるほど呑んだらダメだぞ。女なんだから。」
と、言われ…それをひたすら守り続けているまじゅです(^^;
違う場面で「女なんだから」の言葉には異常なくらいに反応するまじゅですがww
父の「女なんだから」は素直に「はい…」と答えてしまいましたw

息子とのいい関係、感じましたよi-234
今時、ホンネで会話できる親子って、貴重かも…。
うちも、息子は親に気を遣ってます…(涙)
子供に気を遣われる親ってどうなの?って思いますもん…。

aoさん、いいおうちに嫁ぎましたね~♬
家族みんなをステキって言えるお嫁さんって、
かなり幸せ度高いですよ!
おめでとう♬です…
…ん?ちょっと変かな!?(笑)
でも、気分はおめでとうってことで…i-229

まじゅさま

またまた、こんばんは(^^)

まじゅちゃん、お父さんと良い関係だったんだね。
素直に「はい」と答えられるなんて、可愛い娘だなぁ。

私は可愛くない娘だ・・・(>_<)
似たようなことを言われても、「努力する」なんて答えてた。
荒れてたからね~。
まっすぐ歩けなくなって、記憶がぶっ飛ぶまで飲んでた。
とにかく荒れてた。
飲まずにはいられなかった。
父には、随分心配をかけたと思うよ。

そんな私だったから、父親には一目置いている、ここの家の
親子関係は素晴らしいと思うよ。
子供たちに、私の方が教えられてるのかも(>_<)

そらまめさま

こんばんは。

良い関係ですかね~?
年頃になっちゃって、あんまり相手してもらってないですよ、実は。
たまに相手してもらうと嬉しくて(^^)

でも、まぁ、話しかけたときに無視されるとか、「うるせ~」
みたいなことはなくて、反抗期は反抗期なりに受け答えしてくれます。
私はラッキーなんでしょうね、うちの子たちは素直で。
有難いことですね。

子供はそれなりの年齢になったら親に気を遣いようになりますよ。
少なくとも、私はそうでした。
親子だけど、人と人みたいな感覚になってくるっていうか。
息子さんは、大人だなぁって感じます。
それに、粋っていうか、お洒落っていうか。
いつもブログを読ませていただいてて思います、
素敵な息子さんですよね♪

「おめでとう」って、ありがとうございます。
お祝いの言葉をいただいちゃったけど、もしかしたら、
ちょっとネガティブ記事をアップしちゃうかもしれません。
ガッカリさせっちゃったら、ごめんなさい~(>_<)

子育ては日々、勉強ですょ(^^)
もう8年前に母でなくなりましたが…
毎日が勉強でした。。
新しい発見なんかもあって楽しかった。。
少しずつ進んでいけばいいんです(^^)v
ちょっとずつ母になるんです♪

まじゅさま

こんにちは。

そうだね、ほんとにそう思うよ。
日々、勉強。
教えることより、教えられることの方がはるかに多い。

私が来たのは4年前。
子供達がそれなりに大きくなってからなので、
「母」というには無理があるかもしれないけど、
一緒に成長していけたらいいなぁ~(^^)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://aoakaki2010.blog133.fc2.com/tb.php/313-93425b92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

わっっっ(●^o^●) «  | BLOG TOP |  » 食欲をそそる?そそらない?

プロフィール

aoakaki

Author:aoakaki
我が家は6人家族♪
ao(私):晩婚の働く嫁。
旦那:サラリーマン
伯太:長男(結婚して遠方へ)
仲太:次男
叔太:三男
じいちゃん
ばあちゃん

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類。 (953)
読書記録。 (34)
草花たち。 (43)
ダイビング。 (42)
鳥たち。 (78)
継母ごと。 (9)
親たちのこと。 (3)
音たち。 (57)
空たち。 (18)
ご飯たち。 (4)

フリーエリア

遊びに来て頂いて、ありがとうございます。

カウンター

ただいまの時刻

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR