FC2ブログ
topimage

2020-08

あれよあれよの、山伏修験道♪ - 2011.11.14 Mon

日曜日、旦那と。

「どこか行く?」 

「うん、紅葉を見に行こうか?」 

ということでお出掛け。



英彦山 (ひこさん) へ行くことに。

紅葉情報としては、見頃なところもあるけど、もう終わってるところもあるとのこと。

まぁ、とにかく行ってみよう♪



英彦山神宮の参道下の駐車場に着いたのが12時過ぎ。

たこ焼きを買って食べて、ブラブラと紅葉を探しに英彦山神宮の方へ歩いて行く。

参道の紅葉は、ほぼ、ない! (笑)↓

PB130010.jpg


奉幣殿へ到着 ↓

PB130016.jpg

お参り、お参り♪

紅葉はあんまりないけど、まぁいっか。

そして、少し登ったところに下宮。



ところで、ここが下宮ということは、上宮があるらしい。

途中に中津宮というのもあるらしい。

へぇ~、そんなのがあるんならちょっと行ってみたいよね、上宮まで。

どれくらいで行けるの?

げげっ、2,200mって、どういうこと?

遠すぎるやろ~、そりゃあ~、無理やろ~、あはははは♪

でもさ、どんな感じかちょっとだけ行ってみようか? ね? ね?



と言って、半ば引き気味の旦那を従えて(?)、歩き始める ↓

PB130025.jpg


無理~、無理~、絶対無理~、こんなに険しい道なんだよ。

なんか、参道にしては過酷すぎるんじゃない、この道って? ↓

PB130030.jpg


途中、いくぶん平坦な箇所もあるけどね ↓

PB130034.jpg


こんなところを鎖に掴まりながらよじ登ったりするんだよ。 ↓

PB130036.jpg

無理~、無理~、もう絶対無理~、引き返す~。

でも、もう少しだけ行ってみよっかな?

もう少しだけね。



しかし、すれ違う下山の方たちは皆さん重装備の登山スタイル。

もしかして、こんな軽装で行ってはいけないところだったの?

天気は曇り。

いつ雨降り出してもおかしくない雰囲気。

私は、少しくらいの雨なら大丈夫な上着を着てる。

リュックの中には小さな折り畳み傘があるから、これを旦那にあげれば少々の雨はしのげる。

下山者の数が多くなってきたってことは、登りのピークの時間は過ぎてるんだ。

急がなくっちゃ!

上宮(中岳)まで、14時には着きたい。

急ぐんだ!!



どこにもたどり着かずに引き返すのは嫌だ!!

上宮まで行くぞっ!!



途中から、完全にスイッチ・オン状態になってしまった(^_^;)




そして、気合いと根性で、こんな急な坂道を登ったりするわけね ↓ 

PB130035.jpg


行けども行けどもゴールにたどり着かない・・・。

もうダメだぁ~。

もうこれ以上足が上がらない~。



あと800m・・・やっぱり、無理~!!




あと600m・・・


あと400m・・・


あと200m・・・





あれ?




もしかして、ここがゴール??? ↓

PB130039.jpg


『 英彦山 中岳 1100M 』って書いてあるよ! ↓

PB130040.jpg


もしかして、私たちって、1000mを超える山に登ってたの?

あはははは・・・みんな重装備のはずだわ(^_^;)

なんちゅう無謀な。

行き当たりばったりにも、ほどがあるでしょ~!?



う~ん、山頂に着いたら一気に気温が下がった感じするよ~。

身体が冷えないうちに急いで下山しなくちゃ!



上宮で、ここまで無事にたどり着けたことを感謝してお参り。

中岳山頂からの眺めも、こんな感じにそそくさと撮っただけ。 ↓

PB130037.jpg


下山途中、改めて周囲を眺めてみると、あたりは焼け野原状態。

「どうしちゃったんだろう?」と旦那と話していたら、他の登山者の方が教えてくださった。

台風と雷で、こんなになってしまったんだって。 痛々しい。 ↓

PB130044.jpg


さぁ、登ったものなら下りなきゃならんでしょ。

四苦八苦して登った絶壁のように見える坂道を、今度は下りなくちゃ。 ↓

PB130067.jpg


ちょびっと、のんびり歩ける場所もあるけどね。 ↓  (後ろ姿は旦那です)

PB130071.jpg


下宮を過ぎて奉幣殿まで来て、下山ほぼ完了。

雨にも合わず、無事に帰って来られたことに感謝して、お参り。

あと少し参道を下らなくちゃいけないけど、もう足が動かない(>_<)

でも、 

「 最後まで歩く!! 」 という私に対し、 

「 スロープカーに乗ろうよ。 」 という旦那。

乗るほどもないわずかな距離だけど、仕方ない。

今回は私の勢いに付き合わせたようなものだ。

ここは、旦那に譲ろう(^_^)


ということで、最後はこんなスロープカーに乗りました(^^) ↓

PB130084.jpg


どうやらここって、その昔、山伏の修験道だったところらしいです。

どうりで険しいはずだわ!(笑)

そんなことも知らずに勢いで登るなんて、なんちゅう計画性のない・・・。



みなさん、登山をするときは計画的に!(笑)



それにしても、死ぬほど苦しい思いをして登ったのに、

ちっとも痩せていないのは、

なぜだ???(*_*;


スポンサーサイト



● COMMENT ●

なんだか・・

こんばんは

写真で拝見しているだけですが
何だかとっても霊験あらたかな気に溢れれていますねぇ
歩いているだけでマイナスイオンのシャワーを浴びそうです
元気になれそうな気がしました(= ̄▽ ̄=)V

素晴らしい

ぼくは、山という言葉だけで腰が引けるから関係ないですが、ほんとに山は危ないらしいので、次回からは重装備が行かれたほうがいいですよ。

それにしても、1000m超える山に登れるなんて凄すぎる。全然若いということですね。

痩せてない理由、教えて差し上げます。登る前にたこ焼きなんか食べるからですよぉ^^

スロープカー???
リニアモーターカー的なものかな????

英彦山は、高校生のときに研修で行って、山に登った覚えが…
(一年生は全員強制参加ね)
鎖の垂れてるとこ、なんか見たことあるような覚えが…。
そのせいか、あまり良いイメージが残ってなかったんだけど、
画像拝見してたら、なんか楽しそう(* ̄∇ ̄*)
大人になった事だし、いつか行ってみるのも良いなあ~♪♪

確か、「英彦山の水」ってペットボトルで販売してたよね、JRで??
(って、ローカルネタで申し訳ないっす)
しかし、旦那様もaoさまも行動派だねえ~~~!
こうして愛をふかめていくのね!
(勝手に納得)

こんにちは

険しいですね・・・
見ただけで 体が拒否しそーです
けど キツイと思いながらも 頑張って登るからこそ
行きついてからの眺めが より美しく思えるんですよね

山登りしたのに 痩せてない???
あ・・・
登る前に たこ焼き食べてたからだな きっと・・・ いひ^^;

まっとしさま

こんにちは。

ああ、そうか!!
山登りから帰ってきてから、何だか気分が良いのは
山頂まで登った達成感と、体を動かした爽快感と
思っていたけど、マイナスイオン効果もありですよね!

山の中を歩くって、それだけで心身ともにリフレッシュ、
というか、浄化されてる感じなんですかね~。

険しい山道を歩いたせいか、平坦な道を歩くのは足取りも軽やか♪
元気になった気がします~(^o^)/

HAJIMEさま

こんにちは。

最近は「山ガール」なんて流行ってるみたいで、今回の英彦山では
たくさんの女性の方とすれ違いましたよ。
それでも、やっぱり「山登りなんて腰が引ける」という方のほうが
圧倒的に多いんじゃないでしょうか?

私は意外に好きなんですよ。
きつい~、もうダメ~、もう登らない~、と言いつつ、機会があれば
行ってみたくなっちゃう(^^)v
なかなか機会もありませんけどね~。
機会があるなら、山ガールファッションを楽しみたいなぁなんて
秘かに思ってます(#^.^#)

たこ焼きは、1パック8個入りを旦那と半分ずつ。
私達のランチはたこ焼き4個だけだったんです。
だから、痩せてないのはたこ焼きのせいじゃないと思う~~~(笑)

のんびりさま

こんにちは。

このスロープカーって、まだ新しいみたいよ。
2005年開業だったかな?
私達が乗ったのは、途中までのほんのわずかな距離だけど、
もっと下まで行くみたい。

ほぉ~、高校生のときに研修で英彦山に?!
なかなかハードだね~。
私は中学生のときに近くの山にグループ競争で登ってたけど、
標高は英彦山の半分くらい。
英彦山は高いし、険しいし、大変だわ(>_<)

でも、山頂にたどり着いたときの達成感と爽快感はたまらない!
ヤミツキになりそ~♪
意外に、山登りは好きなのよね、なかなか機会がないけど。

行きはね、私が先に立ってガンガン登ったけど(ほんとに?)、
帰りは旦那が先にとっとと下った。
帰りは足がヨボヨボになっちゃって、そんなにスイスイ歩けなくて。
お互いに自分のペースだったから、愛を深めるヒマがなかった!(笑)

「英彦山の水」なんて、あったっけ???
見つけたら、絶対に買いだな!!(^^)v

あ~楽しかった。
なんか一緒に登ってるみたいな感じで読んじゃった。
結構高いじゃん。思いつきで、登っちゃったんだね。aoさんらしい登山だな。
途中で、スイッチオンになるとこが面白い。
そうか、ダイエットを意識してたんだな!
帰りのスロープいいね~。
行きは苦労して登って、帰りはスロープっていいメニューだね。
いいな~旦那とか~。こういうのホント、ウチではありえない話!

kotoneさま

こんばんは。

かなり険しかったです(>_<)
この半分くらいの高さの山しか登ったことないんじゃないかな?
しかも、こんなに急な石段じゃなかったし。
知らないっていうことは恐ろしい(^_^;)

やっとたどり着いた山頂は、最高!
この達成感がたまりませんね♪
ただ、山頂に着いたら一気に気温が下がった気がしたので、
長居はできませんでしたけどね。

ちがうんですよ~。
痩せないのは、たこ焼きのせいじゃないと思うんですよ~。
だって、私たちのランチ、これだけだったんですもん。
8個入りのたこ焼き1パック、二人で4個ずつ。
それが登山の全エネルギーの元だったんです。
かなり質素なランチでしょ?
痩せてもいいと思いませんか~~~???(笑)

aacoさま

こんばんは。

そんなふうに読んでもらえると嬉しいッス♪

そうそう、英彦山って思っていたよりずっと高くって、びっくり!
そりゃあ、ゴールが遠いはずだわ(>_<)
っつか、ちゃんと認識して登れって言いたいよね(-_-)

英彦山って子供の頃にキャンプに行ったことがあって、
そこのキャンプ場のイメージしかなかったから、
こんなに高い山とは全然思ってなくて。
それでも、山頂まで2,200mって数字で気付いても
良さそうなもんだよね。
まったくもう、私ったら、無計画にもほどがある!

ダイエットは後から気が付いて(遅いッつうの!)、
「そうだわ、こんなに頑張ったんだから痩せてるはず!」
って体重計に乗ったのに、全然変わってなくてがっかりよ。

旦那はね、たぶん、あまり気乗りしてなかったと思うのよね。
私がズンズン行くから、仕方なくついてきたって感じじゃないのかな?
「体を休めなくちゃいけない休日に、こんなに疲れてどうするの~?」
って、普段は私より断然タフな旦那が言ってたもん。
かなりきつかったんだろうな・・・申し訳ない・・・。

うちの旦那、最近、子供たちが構ってくれなくなったので
さびしいみたいなのよね。
だから、私と仲良しっていうのもあると思うな。
子離れの時期だからさ、aacoさんの旦那様もさびしがってない?
「ぼんちゃんの応援に京都まで行こう!」なんていう計画、
楽しそうだけどなぁ~♪

こんばんは♪

aoちゃん、旦那様、お疲れ様~~!!

(≧ω≦ )プププ
aoちゃん、頑張ったね!!
根性あるよ!!
さぞかし 登り切った時は 感動したでしょう?
自分で自分を 褒めたでしょう?(笑)
山から見下ろした景色、キレイだね~

って言うか、スロープカーで上まで行けたのでは?
まあ、足で登る事に 意義があるんだよね~( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

はちゅんさま

こんばんは。

と~っても疲れたけど、山頂に着いたときのあの快感、
たまらんかったわ~♪
あの達成感っていうか、爽快感っていうか、とにかく最高♪♪♪

よく頑張った、私! ・・・ついでに、旦那も(笑)

スロープカーはね、山頂までは行ってないのよ。
っていうか、奉幣殿っていう本殿があるところまでなの。
そして、そこからが登山の入り口って感じ。
自力で歩いていくしか、山頂にたどり着く方法はないのだよ。

景色はね、晴れてたらもっと良かったんだけどね~。
今度は晴れてるときに、もう一度行きたいなぁ(^o^)

私、どうも山登りって好きみたいで、ヤミツキになりそう。
山ガールになっちゃいそうよ~(●^o^●)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://aoakaki2010.blog133.fc2.com/tb.php/320-afe326e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

十月櫻。 «  | BLOG TOP |  » 胃カメラ、飲んでみました♪

プロフィール

aoakaki

Author:aoakaki
我が家は6人家族♪
ao(私):晩婚の働く嫁。
旦那:サラリーマン
伯太:長男(結婚して遠方へ)
仲太:次男
叔太:三男
じいちゃん
ばあちゃん

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類。 (953)
読書記録。 (34)
草花たち。 (43)
ダイビング。 (42)
鳥たち。 (78)
継母ごと。 (9)
親たちのこと。 (3)
音たち。 (57)
空たち。 (18)
ご飯たち。 (4)

フリーエリア

遊びに来て頂いて、ありがとうございます。

カウンター

ただいまの時刻

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR