FC2ブログ
topimage

2020-08

嬉しかったこと達。 - 2011.12.01 Thu

最近、ちょっと嬉しかったこと達。




旦那の長期出張がなくなったでござりまするでござる! ←意味不明

やった~\(^o^)/

ただ、年末から春にかけて、単発で土曜~日曜の出張がちょこちょこ入るらしい。

なんで、土日?(-_-)

ま、とりあえず、毎日、家には帰って来るんだから、いっか♪





先日、健康診断で胃カメラを飲んだとき。

看護師さんが、検査前の説明や検査後の注意事項を、とても丁寧に話してくれた。

ただ、看護師さんの顔が無表情なのが少し気になった。

そりゃあ、そうだよね~。

私の前の人にも、その前の人にも同じ説明をしてた。

毎日毎日、1日に何人もの人に同じ説明を繰り返すんだもんね。

文句を言う人もいるのかもしれない。

大変なお仕事だなぁと思いつつ、検査後の注意を聞いた後、にっこり微笑んで、
「ありがとうございました。お世話になりました。」と言ってみた。

そしたら、看護師さんの顔が、素敵な笑顔に変わった。

何だか、とっても嬉しかった。





期末テストが終わったばかりの 次男・仲太 と 三男・叔太。

私  「もう採点が終わって返って来てるんでしょ? 見せて、見せて!」

二人 「え~、あとで~。」

私  「もう、はやく、はやく!」

仲太 「はい、これ。」

叔太 「そこにある。」

なんと、仲太・叔太とも、これまでで 最高得点 の教科がひとつずつ! \(^o^)/

きゃあ~、嬉しい♪♪♪

・・・それ以外の教科のことは聞かないで・・・。

得意・不得意がハッキリしている二人、不得意教科はちょっとやそっとの悪さじゃありません。

良いとこだけ、見ましょ、良いとこだけ(^^)





痩せた(^O^)/

・・・1kgだけど。

いや、0.5kgくらいかも・・・。

なんか、すぐ戻っちゃいそうな雰囲気だけど、今は痩せてる♪

ま、1kgか、0.5kgくらいなんだけど。

小さな達成感♪

会社の制服のスカートにも、ほんの少し余裕が(^^)v

このまま、このまま。

静かにしてたら(?)、増えないかも~♪♪♪




以上、最近、嬉しかったこと達でした(^^)v


スポンサーサイト



● COMMENT ●

よかったですネ(^_-)-☆

こんばんは

一つ一つは小さいけれど
その小さな喜びが「幸せ」と言うものかも知れませんね
よかった、よかった(= ̄▽ ̄=)V

こんばんは

嬉しいこと 沢山 あったのですね!
中でも 一番 嬉しいことは 
はじめに書かれたことかしら?^^

小さな嬉しい事も
気持ちを 明るくさせてくれて
沢山の嬉しいことを 連れてきてくれるよーに思います^^

えらいっっ!!
看護士さんに挨拶がちゃんとできるのもえらいし、その後の笑顔に気付いてるのも
えらいっ!!
(もちろん、ダーリンやらテストやら、色々嬉しがってるのがえらい!)

こないだFM福岡聞いてたらね(ってローカル色満載だけど)
タクシーの運転手さんが、左折や右折で横断歩道に歩行者がいたとき
止まるでしょ?
美人さんやイケメンさんほど、横断歩道を渡るときに、小走りになったり、
会釈して進んだりするって言ってたそうで。
きれいな人ほど、人に感謝が出来るのだな~(もしくはだから綺麗に見える)と
思っていたところなのさ。

aoさまは素直に喜べるから、今後もきっと嬉しい事がいっぱい見つかるよ。
うんうん。
朝から私も良い気分だ♪♪
(もうすぐ昼だけどね)

まっとしさま

こんにちは。

ですね~。
ひとつひとつは小さいけど、こういうささやかなことが、
いくつも重なって「幸せ」って言うんでしょうね~。

そういえば、昔、「幸せ探し」または「いいこと探し」をするのが
得意な女の子が主人公のアニメがありましたよね?
あれって、なんていうアニメだったかな。

あの頃は生意気だったので、「ふん!」と思っていましたが、
今さらながら「なるほどね~」なんて思い出したりしています。

kotoneさま

こんにちは。

ちょっとのつもりで書き始めてみたら、意外にあるもんですね、
ささやかだけど、嬉しかったこと(^^)

そうですね~、やっぱり、旦那の出張がなくなったのが
一番嬉しかったかもしれませんね~。

季節柄なのか、気分の滅入ることもありますが、
気持ちを明るい方へ持って行けるようにしたいですよね。
きっと、その方が楽しいことが寄って来てくれて、
さらに楽しくなるはず!

のんびりさま

こんにちは。

そう?
私って、えらい???

やった、褒められた♪
そして、また嬉しいことが増えていくのね~♪ ←調子に乗ってます(^_^;)

いやん、私って、やっぱり、美人だったの?(笑)
車が止まってくれてると、つい小走りになっちゃうし、会釈したりするよね。
ぼぉ~っとしてて、全然気が付いてないときもあるけど(^_^;)

ついクセでやってしまうので、それをどうこう思ったことはなかったけど、
車の運転をするようになってから、歩行者にも色々あるなぁと気付いたよ。
止まってる車なんて全然関係ないって感じで悠然と歩いてる人がいたり、
「そんなに急がんでもいいんよ~」って言いたくなるような年齢の
じいちゃん、ばあちゃんが申し訳なさそうに少し急ぎ足になったり。
面白い。

感謝するってさ、すごいパワーがいると思わない?
私、ついこの間まで、全然感謝なんて出来ない人だったわぁ~。
あるとき、ふと何かに感謝せずにいられないときがあって、
その時以来、意識して感謝するってことを忘れないようにしてる。
でも、自分がしんどいときは、なかなか感謝なんて出来ない。

まだまだ、修行が足りんな!

「修行が足りん」と書こうとしたら、入力ミスで
「酒豪が足りん」になってしまって、妙にウケた(笑)

悟り

こんばんは

人は年齢や経験を重ねて
ほんの小さな事にも感謝できるようになれば
自分の周りにある幸せに気づくだろうし
自分は幸せなんだと思えると言いますが
僕なんてまだまだそんな達観できる身分ではないので
毎日ブチブチ言ってます_(^^;)ゞ
きっと感謝してくれれば
幸せの方から寄ってきてくれるのかも知れませんネ

小さな幸せも積み重ねれば、大きなことに
なりますよきっと。

長期出張にお子様の最高得点、
対人の喜び、それにダイエットの成功と。

対人関係に関しては、私も常日頃より
aoakakiさんみたいに印象を持ってもらえるように、
仕事をやっていかなくてはと、思いました。

こんばんは~。
よかったねぇ。長期出張なくなったのね。
単発ならなんとかなるよね!大丈夫!

私はどうも不器用でさ。
仕事と家事と子供たちの相手。
全部なんてできないと思ったのよ。
オットもそう思ってたと思う。
だから自分の仕事も持ちながら家事もして子供達ともうまくやっている
aoさんを尊敬してるわ!
こうやって看護師さんのことまで思えるなんてすごいよ~。

そうそう、うちのむすっこも成績が伸びてきたよ~!
すごいね。すごいね。言ってあげてさ(笑)
頑張ってるとおばあちゃんも喜ぶよ~って言って。
おばあちゃんっ子だからね。
なんだかうれしいね。

この前の「江」を見て私も思ったよ。
うちは心臓が悪いからさ。何十年もいられるのかなぁ。って。
あと千をお嫁にだすときに、母になってほしいって聞いて
なんだか悲しくなっちゃったよ。
私は母にはなれないのかなぁってね。
でも、うちの子供達がいてくれてよかったのかなぁ。

ありがとう

>そしたら、看護師さんの顔が、素敵な笑顔に変わった。

ほんとは、営業スマイルも必要なのかも知れませんが、看護師さんの仕事はある意味死と隣り合わせだから、仕方のないことかもしれませんね。マックでしたっけ、人間が笑顔でいられる時間には制約があるから、一日の接客時間に制限を設けているのは。
ぼくの職場に一人だけ、ほんのささいやことをしただけでも、必ず「ありがとう」の言葉をかけてくださる利用者の方がいらっしゃいます。とても嬉しいです。ほんとはしてはいけないことなのですが、ほんの少しだけ、心の中でこの方をえこひいきしています^^

こんにちは。

たくさん書こうと思ってたけど、皆さんのコメント見てたら
全部書かれててた(笑)。

そうなんですよね、幸せに感じるのは小さな喜びに気がつく
から。そして幸せな人は、幸せも発信するから、周りも幸せ
になっていく。そんな人たちに囲まれてさらに自分も幸せに
なっていくんですよ、きっと。

看護師さん、どこかのブログで「ちょっと嬉しかったこと」
なんて書いてるかも。。。

よかったね~
こういう事って何気なく過ごしてしまいそうだけど、
こうやって公開して、一緒にシェアするといいもんだね。
看護婦さんも、うれしかっただろうね~
凄くいいことしたよ~。お互いが幸せな気分に包まれるもの!
私もこんな風にこちらからしてみようかな。
さらりと書いてるけど、白和えのお手柄どころじゃないよ!
皆がこんな気持ちで暮らしていたら、幸せの国になるね。
お子達がんばったね~。
そうそう、いいとこ伸ばせば、他は付いてくるって言うしね!
aoさんが喜んでる姿は絶対心に刻んでるはずだ!
なかなか、他のが足ひっぱってると、素直に喜べないけどね、
こういう境地はえらいぞ!
いいことを拾っていくと、いいことの連鎖が起きそうだね。
私もやろっと!

まっとしさま

こんにちは。

私も、結構ブチブチ言ってますよ。
ただ、我が家の旦那、じいちゃん、ばあちゃん、子供達も
ほとんどブチブチ言わない人達なので、言いにくいです(笑)
良い家族に恵まれているので、少しずつ言わない方向に
シフトしていくように努力中です(^^)v

感謝は・・・。
たぶん、あれは人生の転換点だったのかなぁ~、
何かに感謝せずにいられないときがあって。
何に対して感謝したらいいのかもわからないけど、
とにかく感謝せずにいられなくて。
こういうときに感謝するのが「神様」っていう存在なのかなぁ
なんて思たことがあるんです。

そのとき感じたんですよ、感謝できる自分って好きだなって。
だから、それ以来、感謝の気持ちを忘れないようにって
思ってます。
まぁ~、しょっちゅう忘れてるんですけどね~(笑)

GG3S B さま

こんにちは。

長期出張がなくなって、本当に良かったです~♪

テストで、これまでの最高得点、良かったです~、
もっと喜んであげればよかったぁ~♪

笑顔を向ければ笑顔って返って来るもんなんだなぁ、
なんて思っちゃいましたぁ~♪

ダイエット・・・実は、喜んだのも束の間、
もう元に戻ってしまいました(>_<)
また、やり直しだぁ~!

GGさんは、対人関係の大変なお仕事ですよね。
いつでも心身ともに調子のよいときばかりではないですもんね。
私も、営業事務で電話対応の多い仕事なんですけど、
つい気分が出てしまい、落ち込むときがあります。
いつでも変わらない対応ができるようにしたいです(^^)

haruさま

こんにちは。

長期出張がなくなって、本当に良かったぁ~♪
単発なら、旦那も私も気分転換くらいの感じでいいかも。
そう思って乗り切るわ(^^)v

いやいや、全然尊敬されるようもんじゃないの。
仕事は逃げ道だよ、私にとっては。

究極を言ってしまうと、仕事があって収入があれば、
いざとなれば一人でも生きていける。
つまり、嫌になったら離婚もできるっていうこと。
もちろん、離婚なんて考えてるわけじゃないよ。
でも、結婚当初の超しんどかった時期に、
「いざとなれば、離婚しても生きていける」というのは
私にとって心の逃げ道、心の余裕だったんだ。

だから、haruさんみたいに、それまでの仕事も辞めて、
旦那様とその家族の元へ飛び込んでいけたのは、
すごいと思ってたし、今も思ってるよ。

それに、私は、家事も子供たちのことも、
じいちゃんばあちゃんに頼りきりだしね。
一人じゃ何もできないよ。
私よりharuさんの方が、ずっとずっとすごいよ。

子供達、少しずつ成績が伸びてきたのは嬉しい(^^)
でも、つい「もう少し!」って思ってしまって。
いつも、後になって、もっといっぱい褒めてあげれば
良かったって後悔するんだ。

何年一緒にいられるのかなって、考えちゃうよね。
若くて結婚してたら、こんなこと考えないんだろうけどね。
一緒にいられる時間を大事にしたいと思うよ。

「母になってほしい」っか・・・。
母になるって、自分の子供がいるって、どんななんだろうね?
もう年齢的にも、体力的にも、気力的にも諦めたけど。

諦めたと言いつつ、妊婦さんや、赤ちゃんを見ると
切なくなってしまうけど。
この間のバスハイクでも、妊婦さんがいたんだけど、
「おめでとう」って言葉が上手く出て来なくて、困った。
心が狭いなぁ~、情けないなぁ~。
でも、そうなんだ、切なくて、つらいんだ、そのことを考えると。

HAJIMEさま

こんにちは。

看護師さんという仕事は、本当に大変だと思います。
たかが胃カメラだって、何があるかわからない。
一歩間違えば死と隣り合わせですもんね。

それでいて、場合によっては笑顔も要求されるわけですし。
笑ってる場合じゃないのよってこと、たくさんありますよね。

いつも笑顔でいるって、結構疲れます。
マックですか?
人が笑顔でいられる時間には制約があるっていうの、わかります。
起きてる間中、ずっと笑顔でいなければいけなかったら、
神経が擦り切れてしまいそう。
笑顔は大事だけど、四六時中は無理だわ、少なくとも私は。

「ありがとう」の言葉、嬉しいですよね。
私もできるだけ、少しのことでも言うようにしています。
つい、「すみません」と言ってしまいそうなシーンでも、
「ありがとう」って言葉に置き換えられることって多い
と思っているんですよ。

東京のおいしいお土産でもいっぱい買ってきてもらって!
楽しんじゃえ~。

うちの場合、同じ会社、同じ部署だったからね。
私たちが結婚するってホント信用できる2人にしか言ってないし(笑)
だから辞めるしかなかったっていうのもあるのよ。
今考えると超リスキーだよね。
しかも二世帯住居まで建てちゃってさぁ(笑)
でもね、結婚前に死ぬかもしれないって彼が心臓病をやったときに
決断迫られたっていうか・・・。
長年うだうだ言っている私に神様がどっちにするか覚悟せえってね。
あんときが一番つらかったよ~。
aoさんと一緒で結婚した最初の数年もきつかったし。
ようやくここまできたって感じだよね。

ようやくここまできたら、もう40才・・・。
私もそろそろあきらめなくちゃいけない年齢。
だから、なんか苦しくてね。
でもいつになってもきっとつらいんだね。
一生かけて受け入れて乗り越えるしかないんだわ・・・。

私もとても妊婦さんにうまくおめでとうって言えないと思う。
友達たちは2人目を産んでる時期なんだよね。
赤ちゃん連れて遊びにきてくれたりするんだけど
帰ってひとりになると、どっと疲れちゃう。
あの自分の子供はかわいいっていうお母さんの強烈なオーラに
押しつぶされそうになるよ。
私も心が狭いなぁ~。
でもこうやって悩んでいる人いっぱいいるんだろうね。




keizさま

こんばんは。

あら、たくさん書いてくれていいのに(^.^)
どうぞ、遠慮なく、思う存分、書いちゃってください♪(笑)

今回の記事、何気なく嬉しかったことを書いてみただけなんだけど、
皆さんが「そういう些細なことが、幸せなんだよね」とか、
「小さな幸せに気付けるって、良いことだよね」みたいに書いてくださって、
逆に私の方が、「ああ、そうなんだ!」って(笑)

自分では、何気に嬉しかったことだったけど、言われてみれば
以前の私だったら、そんなことに喜びを感じてなかったかも?
私って、もしかして良い方に変わっていてるのかも?
なんて、皆さんに頂いたコメントを読みながら、思っちゃいました。

コメントをくださった皆さん、ありがと~~~(^O^)/
やっぱ、私って恵まれてるわ~~~♪
嬉しかった記事を書いて、嬉しいコメントをいただいて、
嬉しいことの連鎖反応が起こってる?(笑)

あの時の看護師さんが、どこかのブログに「ちょっと嬉しかったこと」
なんて書いてくれてたら、さらに嬉しい♪
なんだかテンション上がってきたなぁ~~~(^O^)

aacoさま

こんばんは(^^)

最近、こんな感じの小さな嬉しいこと、多い気がするな。

この間も、旦那が帰って来たときに、いつか記事に書いたように
ドアに隠れて「わっ!」って驚かしたら、「うわっ、びっくりした!!」
って後ろにのけぞって本当に驚いたの。
もぉ~、嬉しくって、嬉しくって♪
「やったぁ~!!」って、部屋中を大笑いしながら走り回ったよ(^^)v
でも、翌日、きっちりやり返されたけどね、2度も(-_-;)

それにしても、ブログやってて良かったなぁ。
たぶん、ブログやってなかったら、「嬉しいなぁ」って思っても
1日くらい良い気分にひたって、それだけで終わってたと思う。
でも、こうやって記事に書くことで、皆さんに「小さな幸せ、いいね」
みたいなコメントいただいて、さらに嬉しくなってる。
一粒で二度おいしいってやつ?(笑)

仲太と叔太ね、せっかくいい点をとったのに、本当は
あまりたくさんは褒めてあげられなかったの。
つい、悪い方のテストに目が行っちゃって(>_<)
もっと褒めてあげればよかったなぁ~って、ちょっと後悔。
次も、私に褒めるチャンスをおくれ!(笑)

haruさま

こんばんは(^^)

そっかぁ~、同じ会社、同じ部署じゃあ、仕事を続けるのは
ちょっと難しかったよね。
同じ職場って環境は、いつも一緒にいられるってメリットはあるけど、
周囲のことを気遣って大変だろうなぁ。

二世帯住宅なんだね。
おばあちゃんの話がちらほら出てくる気がするけど、
同居じゃなさそうだし、「んん?」って思ってたんだ。
完全二世帯? 
ちょっと憧れるような、でも、今みたいにフルタイムで仕事を
させてもらっているような状況では無理かな、みたいな。
でも、すごく興味あるなぁ。

生死にかかわる心臓病・・・、考えただけでも怖い・・・。
考えられないし、考えたくない。
つら過ぎる。
haruさん、よくそのつらい時期を乗り切ったね。

子供・・・、結婚してすぐに出来れば良かったんだけどね。
無理だった。
年齢的にも、すでに難しい年齢だった、晩婚だったし。
それに何より、結婚当初は心身ともに、新しい生活に慣れなくて
疲れ切っていてボロボロで、とてもそんな余裕はなかった。
旦那はわからないみたいだけどね、そんなにボロボロだったって。

haruさん、40歳、お友達が二人目を出産している年齢なら、
まだ諦めることないと思うよ。
ただ、若いころと違って、月単位で状況は変わって行くから、
少しでも早い方がいいのはいいけど。

お母さんになった人のオーラは眩しいよね。
母って存在は、無条件にすごいよ、本当に。
自分はなれないと思うと、余計に眩しく感じる。
一生、この気持ちを持って生きて行くのかなぁ。

よかったね。ダンナ様の長期出張なくなって♪

ど~んと嬉しいことがあると、もちろん嬉しいけど、
小さいな嬉しいことの積み重ねの方が、じわじわ
効いてくるような気がする。

この前、誰かかが言ってたよ。
子どもの世話をするから、親になれるんだって。
子どもの世話をする人が、親なんだって。
子どもを産んだから親になれるわけじゃないって。
その人は、自分の経験から、それを痛感したんだって。

あぁ、そうだなぁって思った。

バウワウさま

こんにちは。

はい、旦那の長期出張がなくなって、本当に良かったです(^^)

ど~んと嬉しいことって、そうそうあるものじゃないので、
小さな嬉しいことで幸せな気分になれる方が、断然お得!!
なぁ~んて思ってしまうのは私だけでしょうか?(笑)

今は、最近読んだ元気になれる本の余韻が残ってて良い感じ♪
良い本に出会えたことが嬉しいです(^^)

> 子どもの世話をするから、親になれるんだって。
そうですね~。
うちは子供達のことはじいちゃん、ばあちゃんに頼りきりなので、
あまり世話をしてるとは言えないけど、それでも、子供と暮らす
って言うことは、自分にとってはかなり大きなことですね。
私も、こうやって育てられてきたんだなぁ~とか、色々いろいろ。
子供の成長を見ているのは、自分の軌跡を見ているようで、
気恥ずかしく感じることもあります。
子供と暮らすって、大変だけど、面白い。

ただ、子供を生んでいない私は、普通の親が我が子に感じる愛情
っていうものがどんなものなのか、未経験なんです。
そのことが、少し悲しかったりするときがあるんですよ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://aoakaki2010.blog133.fc2.com/tb.php/327-4b5effc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

熊本城に行ってきました。 «  | BLOG TOP |  » 手抜きのススメ。

プロフィール

aoakaki

Author:aoakaki
我が家は6人家族♪
ao(私):晩婚の働く嫁。
旦那:サラリーマン
伯太:長男(結婚して遠方へ)
仲太:次男
叔太:三男
じいちゃん
ばあちゃん

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類。 (953)
読書記録。 (34)
草花たち。 (43)
ダイビング。 (42)
鳥たち。 (78)
継母ごと。 (9)
親たちのこと。 (3)
音たち。 (56)
空たち。 (18)
ご飯たち。 (4)

フリーエリア

遊びに来て頂いて、ありがとうございます。

カウンター

ただいまの時刻

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR