FC2ブログ
topimage

2020-08

伯太の盗難事件。 - 2010.09.25 Sat

まだ、結婚して間もない頃。
伯太は、そのとき高校2年生だった。

仕事から帰ると、おばあちゃんが電話で話している。
電話を切ると私に、「今から、学校に行ける?」と言う。
「え? 学校? 何かあったんですか?」何が何やら分からない。

おばあちゃんも事態がよく呑み込めていないらしく何とも要領を得ないけど、
どうやら、伯太の財布が盗難にあったらしい。

とにかく、とりあえず、取り急ぎ、訳がわからないまま学校に駆け付ける。

学校に着いて、伯太に話を聞くけど、これまた興奮しているので
何を言っているんだかよく分からない。

ひとつひとつ聞いていくと、

1)伯太の財布が盗難にあった

2)持ち物検査の結果、犯人と思われる生徒が判明した(らしい)

3)当人同士で話がつかないので、親を呼ぼうということになった

というようなことだった。 

・・・が、何かがしっくりこない。

学校では生徒指導の先生が出て来られて、加害者と思われる子と
その保護者に先に面談するので待っていてほしいと言われて待つことに。

しばらく待って、面談を終えた先生が来られて話をした。
まず、向こうは盗っていないと言っているとのこと。
それから、今日のところはお互い興奮しているので、
帰って頭を冷やした方が良いでしょう、と言われた。

私もその方が良いと感じていたので、「はい、分かりました」と、
伯太と二人で帰った。

だけど、伯太はもちろん、そんなことでは納得できない。
すぐにでもその子を呼び出して、決着をつけるのなんの息巻いている。
「あいつはもう学校には来られない。退学だ。」とも言っていた。

伯太の話を聞いていると、どうやら相手の子はかなり動揺して
精神的におかしくなっている様子で、私は正直言って「まずいな」
と感じていた。

真犯人であるかどうかは分からないけど、ここで相手を追い詰め過ぎては
危険な気がした。

その子が追いつめられて、もしも命にかかわるような行動を取ったりしたら
どうしよう・・・。すごくこわかった。

しかし、伯太はかなり興奮していて、「追いつめては駄目よ」なんて言葉は
全然耳に入りそうにない状態。

伯太を落ち着かせることができるのか、不安で、こわくて。
とりあえず今夜だけ、今夜だけでいいから落ち着かせなくちゃ。

困って旦那にも電話したけど、旦那もイマイチ状況が把握できないし、
まだ仕事から帰れないと言うので、どうしようもない。

その場に私しかいないし、悩んだ末に、
「今夜はやめておきなさい。」
幾分きつい口調で、祈るような気持ちで言った。

「説教なら聞かん!」と伯太。

「もう1度しか言わない。今夜だけはやめなさい。」と私。
冷静を装った口調とは裏腹に、心臓は爆発しそうだった。

伯太が落ち着いたのかどうかは、見た目にはわからなかったけど、
その晩、仕事で遅くなった旦那を私と一緒に迎えに行った。

後にも先にも、伯太に厳しい口調で話したのはこの時だけ。


その後、伯太の断片的な話から、「持ち物検査」は先生立会いのもとで
行われたものではなく、伯太が友達と二人でやったものだと判明。

何かしっくりこないと感じていたのは、ここだった。

翌日、学校から帰った伯太はどこかしょんぼりしていて元気がなかった。

おそらく、財布を取られた被害者であることはことは事実だけど、
勝手に持ち物検査をしたことで周囲に責められたのかと思う。

子供は子供なりに、いろいろある。
こうやって、成長していくものなんだろうなぁ。

私も学校に呼び出されたり、こんな時どうしたらいいんだろうと
考えさせられた。

こうやって、大人も、子供がいることで成長させられていくものなんだろうなぁ、
と思った事件でした。
スポンサーサイト



● COMMENT ●

No title

ドキドキして読みました。
ずっと大人の世界にいた私たちにとって
子供の考え、行動ってなかなかわかりずらいことありますよね。
少しずつ親になっていったわけでないですし(汗)
一緒に住み始めた頃のムスコはちょっと不安定なことがありました。小学生でしたし…。
でも、不思議と学校で問題起きる時って主人が有給とってたりするんです。
あれはなんだったんだろう。

No title

そんな事があったんですね。aoさんも辛抱強く伯太くんの話しを聞いてあげて大変でしたね。おとうさんの代わりをつとめられて立派です。家は娘2人で今のところ、こういう事は無いですが、何かあるとどう対処するか、実の子と言えども、難しい年頃なので何を考えているかわからないし・・・一生懸命さが伝わってきました。


大変でしたね。

そんな事があったんですね。aoさん旦那さんがいらっしゃらない時、さぞ不安だったでしょう。でも、一生懸命対応されてる感じがつたわってきて、えらいなぁ~と思いました。実の子でも難しい年頃、何を考えてるのかわからず宇宙人みたいな感じがする時あります。ほんと、何か起きるたび、成長させてもらってますよねぇ

やだ~だぶってます!

ごめんなさい。投稿に時差があるのがわからず、表示されてないと思って、2回も~!!はずかしい~~~~

haru様

こんばんは。

そうなんですよ、子供の成長とともに少しずつ
親になっていったわけではなく、
突然「親」の立場になった私にとって
子供たちのことは分からないことばかり。

旦那や舅姑に支えられながら、何とかって感じです。

でも、この間まで「娘」の立場だった私は
ある意味、子供に近い気もするんですけどね。

子供さんに何かあるのは旦那様が有休のときって、
何かあるんでしょうか。
つい深読みしてしまいますね。
お父さんに甘えたかったのかな?




aaconeeさま

こんばんは。

全然、立派じゃないんです。
オロオロするばかりで・・・。
周りに支えられてやっとこさ、って感じなんです。

この間も、三男が友達と何らかの金銭の貸し借りがあるとかで、
「中1なのに、お金の貸し借りってどういうこと!」って、
つい目くじらを立ててしまってしまったんです。

でも、旦那に話したら「そんなの可愛いもんよ♪」と一笑されて。

旦那に話して良かったです。
もっと、どっしり構えなくちゃと思うけど、なかなか・・・。

あ、コメント、どんどんダブっちゃってください♪
コメントの数が多くて、すごく嬉しかったです~(^O^)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://aoakaki2010.blog133.fc2.com/tb.php/54-91e7d8ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

森林浴と得意・不得意。 «  | BLOG TOP |  » 女子会ランチ。

プロフィール

aoakaki

Author:aoakaki
我が家は6人家族♪
ao(私):晩婚の働く嫁。
旦那:サラリーマン
伯太:長男(結婚して遠方へ)
仲太:次男
叔太:三男
じいちゃん
ばあちゃん

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類。 (953)
読書記録。 (34)
草花たち。 (43)
ダイビング。 (42)
鳥たち。 (78)
継母ごと。 (9)
親たちのこと。 (3)
音たち。 (57)
空たち。 (18)
ご飯たち。 (4)

フリーエリア

遊びに来て頂いて、ありがとうございます。

カウンター

ただいまの時刻

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR