FC2ブログ
topimage

2020-08

優先席に座ったときは。 - 2014.10.22 Wed



優先席って、座りますか?




私は、そこしか空いている席がなければ座ります。

若い頃は座らなかったのだけれど、ここ数年は一瞬ためらうものの、しっかり座ります。

席を譲るべきときは、優先席だろうと普通席だろうと譲るからいいよねって思って。



それに、通勤時間帯に、年長の方や、体の不自由な方、小さなお子さん連れの方は、

あまり乗って来られないしね。



それでも、たまに、席を譲るような場面があったりします。



ある朝の通勤列車の中、座って本を読んでいたら、ふと足元に杖が見えたので

目を上げるとおばあちゃんがいて、とっさに、「よかったら、どうぞ」と席を譲りました。

「まぁ、ありがとう」とニッコリされる様子がとっても感じが良く、可愛いおばあちゃんで、

私の方が嬉しい気持ちになり、良い朝でした。



すんなり譲ることができて、「ありがとう」と言ってもらえると嬉しいものだけど、

譲るタイミングをはずして、「どうしよう・・・」と居心地の悪い思いをすることもあります。



以前、箱根に行ったときのこと。

箱根を散策しての帰り、箱根登山鉄道に乗るために並びました。

疲れていたので 「 座って帰りたいよね 」 ということで、一台見送り、次の列車で

しっかり座席をキープ、座ってぼんやり、ウトウトしていました。



行程の半分も下った頃だったか、ふと目の前に小さなお子さんを抱えたお母さんが

立っていることに気が付きました。

それまで、全然わからなくって。

見えていたはずなのに、意識にのぼってきてなかったというか、まぁ、そんな感じ。



これは譲ってあげるべきだと思ったのだけど、譲るタイミングははずしまくっているし、

今さら 「 どうぞ 」 も何だか言いにくい。

結局、譲れないまま、終点までの残りの行程を居心地の悪い思いで過ごしました。



あとから思えば、途中からでも何でも譲ってあげれば良かったなぁと後悔。

なんで、タイミングをはずすと譲れなくなってしまうのかな。




ところで、つい先日のこと。

仕事の帰りの列車の中、優先席しか空いてなかったのでそこに座ってました。

そしたら、後ろから私の肩をポンポンとたたく人が。

その時間帯の列車で、ときどき友達に会うことがあるので、その友達かなと思って顔を上げると

そこには、おばあちゃんが。



あれ?

誰だっけ?

う~ん、わからない~~~。

・・・っていうか、知らない人だよね???




はっ!!




私が座っているのは優先席、

もしかして、席を譲れってことか?!



慌てて立ち上がり、 「 どうぞ 」 と席を譲る。



うわ~、こんなことって初体験。

この状況の意味がわからんで、「どなたでしたっけ?」とか言わんで良かった~。

ちゃんと譲れてよかったわ~。



ただ、当然のようにそこに座ったあのおばあちゃん、 

「 ありがとう 」 の一言もなかったな。



だからといって特に嫌な気持ちになったわけではないけれど、良い気持ちにもなれない。

なんだか、しっくりこない変な感じ。



お礼を言ってほしかったのか、私?

う~ん・・・、いやいや~、別にお礼を言ってほしかったわけじゃないんだよなぁ。



ただ、なんていうかな・・・。

「 ありがとう 」 と言われれば、「 いえいえ、どうぞ、どうぞ 」

お互いに笑顔で、その場が和やかな雰囲気になったと思うのよね。

そういうのがなかったことが、寂しいっていうか、しっくり来ないというか。



不完全燃焼とでも言ったらいいのかな?

まぁ、そんな感じ。



こんなこと思うのは、私だけかしら?



スポンサーサイト



● COMMENT ●

こんばんは

いつだったか
お子さん連れの方が 優先座席に座った時に
後から 乗ってきた 若い女の人が 
「私 妊娠してるので 代わって下さい」って 申し出て 席を 譲られたのを 見た時
当事者でもないのに スッキリしない気分になりました
優先だから 絶対ではないのにな とか
妊婦さんが 言われてることも 当然だけれど
相手も お子さん連れだし・・・とか
色々 頭の中を 駆け巡りました・・・
当然の権利として 言われると
人間って ちょっと 受け入れ難いんですかね?^^;

私は 電車に乗ると 貧血で 倒れて
何回も 人様に ご迷惑かけてるので
ほんとのところ 座ってたいのですが
見た目が 健康状態良好なので
申し出ても 証明するものもないし
冷や汗かきながら 我慢して 立ってます・・・
きっと 中には 私の様な方も いらっしゃると 思うんですけどね・・・

No title

マメです( *´艸`)
前の記事の返コメの「マメ」にはしばらく笑ってしまった( *´艸`)
「ありがとう」の一言って大切だよね!
当然って顔されて座られるより、ちゃんと「ありがとう」
って一言言ってほしいよね!暮らしていく上でのマナー
だと思うよ!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

kotone さま


こんにちは。

妊婦さんがですか?
それはまた何とも・・・心情的には複雑だなぁ。

もちろん、妊婦さんだとわかれば譲ってあげる気持ちは
めいっぱいあるんだけど、当然のように言われると
気持ちとして受け入れにくいですよね(^_^;)

妊婦さんっていうのは、臨月でもなければ外見的には
なかなかわかりにくいものなので、ちゃんと主張して
譲ってもらわなくちゃと思われたのかもしれないですけど。
それにしても、何かスッキリしないものを感じます。

だから、私、妊婦さんマークは賛成派なんですよ。
賛否両論あるようだけど、付けていてくれれば、
言われなくても席とか譲ってあげられるし。
妊婦さん、みなさん、付けててくれたらいいのになぁ。

kotoneさん、貧血なのですか?
何度も倒れるほどって、通勤はさぞつらいのでしょうね。
私は貧血ではないのですけど、ときどき体調が悪くて
座り込みたいほどのときがあるので、わかります。

でも、おっしゃるとおり、見た目には健康優良児のはずなので
「席を譲ってください」なんて、とても言えません。
目的地まで、倒れないように必死で我慢します。

仕事に、家事に、通勤にだって結構体力を使います。
座って行きたいですよね。


マメちゃんママさまさま


あわわ、ごめんなさい~!!
メッチャ呼び捨てになってました~!!

「マメちゃんママさま」と打ったはずだったんだけど・・・。
すみません、失礼しました。
慌てて書き直しました(汗)

そして、お詫びに今回は「さま」を2つ付けてみました!
↑ そういう問題じゃない気がするけど(^_^;)

ところで。
「ありがとう」って言葉は、本当に大切ですよね。

自然に「ありがとう」って言えるかどうかで、
その場の雰囲気って全然ちがってくると思うんですよね。
人間関係だってちがってくるんじゃないかなぁ。

ときどき、精神的に参ってしまうと、
「ありがとう」も言えなくなってしまうことがありるんですよ。
そうならないように気を付けなくちゃいけませんね。

No title

エ~ッ?!
「もうそれってマメッ!」って気分で書いたんだと
信じてた!!
気遣わしてスンマヘン(^^;)

オモシロオカシク受け取ってたわ~(^^♪

No title

うわ~、すごーくよくわかります、その気持ち。

僕も優先席に座るべき人がいなければ、空いている座席として当然に使用します。
『専用席』ではなく『優先席』ですからね。

以前、雨だか雪の日の通勤バスでめちゃくちゃ混んでた時、誰も優先席に座らないので1本見送らなければならなくなった事があります。

どんだけ履き違えてるんだ!と頭にきたものです。そこに座れば2人詰めて乗ることができたのに…


思えば権利を主張するばかりの人間が増えましたよね?
「どうぞ」「ありがとう」のような美しいやり取りが懐かしく感じられてしまうくらいに。

そんなこと思うのは自分が年取ったからか?
いやいや、昔はもっとおおらかな風景が溢れてたはずと思うこの頃です。

鍵コメさま


おはよ~(^O^)/

お久しぶりにコメントもらてったのに、お返事が遅くなってごめんね~m(__)m
この週末はダーリンが帰って来ていたもので(^_^;)

でしょでしょ?
タイミングはずすと譲れなくなっちゃうよね。
譲れなかったときの、あの居心地の悪さったら何とも言えんわ~。

私も、そう思う、このおばあちゃんって気の毒だなぁって。
譲れって言われれば譲るけどさ、ただそれだけだもん。
それ以上、優しくしようとは思わない。
笑顔と「ありがとう」の一言で、お互い良い気分になれるのに、
当然のように座って何にも無しだもんね。
なんか、さびしい。

目の前の不幸っていうか、悩み事はあるといえばある。
まぁ、でも、誰でも一つや二つ悩み事や問題は抱えてるもんだからさ、
「私だけじゃないよね~、みんな頑張ってるしね~」と思うようにしてる。
我が家で一番の問題も、私一人で抱えてるわけじゃないし。

落ち込んだときは、「私以上に不幸な人はいない」と思うこともあるけど、
できるだけそんなふうに思わないようにしてる、かな?(笑)


マメちゃんママさま


おはようございます。

思いっきり時間差攻撃のお返事でごめんなさい~。

そんなふうにオモシロク思ってもらえるマメちゃんママさんで
良かったわ~♪

実は、意識して書いたわけじゃないんだけど、
言われて気付いて見てみた「マメ」の二文字で書かれてるタイトルが、
妙に可愛く思えてしまってもいたんですよね~。

↑ あんまり反省してない?!(笑)

こちらこそ、気を遣っていただいて再度のコメント、
ありがとうございました(^^)

No title

昔、ヘルニアがひどいとき、
立っているのは5分くらいが限界だから、
やむなく座っていても、
見た目元気なので、周りの目が冷たくて。
辛かった。。。

最近は譲るのに照れくささはないなぁ。
タイミングをはずしても問題ナシ。
そうすることはその人のためじゃなくて、
自分の満足のためだし。
妊婦さんにも言いますよ「どうぞ」って。

それに、譲った相手が遠慮した際の居心地の悪さ
より、声をかけなかった居心地の悪さのほうが
絶対勝っていると思うしね。

しば漬けさま


こんにちは。
お返事より記事の更新が先になってしまってて、ごめんなさいm(__)m


ですよね、座りますよね、優先席。
っつか、私の乗る通勤列車ではみんな座ってます。

優先席に優先的に座るべき人は、通勤で混雑している時間帯には
あまり見かけないけど、たまに乗ってこられると若い方やそうでない方も
席を譲ってたりします。

若い男の子だと、黙って立ち上がってどこかへ行ってしまうってのが多いです(笑)
照れ臭いとか、断られたら恥ずかしいとかで、「どうぞ」って言えないんでしょうね。
でも、譲ってあげようという気持ちはあるのが、見ていて嬉しくなります。

しかし、満員のバスで、そこに座るべき人もいないのに誰も座らないのは、
納得できませんね~、それはおかしいと思う~。

誰も座らないから座れないんだろうけど、その状況では座るべきだよ、
うんうん、その方が周囲のみんなのために良いことだし。

「どうぞ」「ありがとう」は、本当に美しい心温まる言葉のやり取りですよね。
我が家の息子達、以前は「ありがとう」が言えなかったんですけど、
最近はちょっとしたことでも「ありがとう」と言ってくれるようになって、
とっても嬉しいんですよ~♪

なので、最近の私は、「ありがとう」と言われたら、「どういたしまして」
返すように心がけてます(^^♪

権利ばかりを主張する人が増えたというより、主張することが許されるように
なったというか、言いやすい世の中になってきましたよね。

でも、だからと言って「どうぞ」とか、「ありがとう」とか、
そういう言葉を忘れないでほしいですよね。

keiz さま


こんばんは。

それは辛いですね。
自分のヘルニアが苦痛なうえに、周囲の目も冷たいなんて。

私はぎっくり腰がひどいときに、あまり長く仕事を休みわけにもいかず、
無理して出勤していたことがあるのですが、あれは本当に辛かった。
立っていても座っていても、激痛のあまり気が遠くなりそうなほどでした。

それでも、見た目はわからないんですよね、きっと。
歩き方はヘンだったと思うけど、立っていたり座っていたりだと、
たぶん、わからなかったと思う。

「具合が悪い~」ってアピールしすぎるのもイヤらしいけど、
本当に体調が悪いときは、周囲に理解してもらえるような方法って
ないものですかね?
そしたら、譲り合えるのに。

keizさん、すごいなぁ。
席を譲るのに、タイミングを外しても問題なしですか?

う~ん、すごい。
そうあるべきとは思うのだけど、照れが先行してしまって、
どうもダメですね(^_^;)

自分の満足のため・・・かぁ~。
確かに、それはありますね、良いことをしたという満足感。
それに加えて、「ありがとう」なんて笑顔を向けられれば、
「こちらこそ、ありがとう」と言いたいくらい、
さわやかな気分になりますね。

情けは人のためならず。(←ちょっと意味が違うとは思うけど)
私も、タイミング外しても、照れくさくても、席を譲れるようになろう。

No title

いえ、おおよそ合ってます(笑)

keiz さま


合ってましたか(笑)




管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://aoakaki2010.blog133.fc2.com/tb.php/594-e4965175
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

生まれ変わっても、あなたと~その2 «  | BLOG TOP |  » 掃除と昼寝の週末。

プロフィール

aoakaki

Author:aoakaki
我が家は6人家族♪
ao(私):晩婚の働く嫁。
旦那:サラリーマン
伯太:長男(結婚して遠方へ)
仲太:次男
叔太:三男
じいちゃん
ばあちゃん

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類。 (953)
読書記録。 (34)
草花たち。 (43)
ダイビング。 (42)
鳥たち。 (78)
継母ごと。 (9)
親たちのこと。 (3)
音たち。 (56)
空たち。 (18)
ご飯たち。 (4)

フリーエリア

遊びに来て頂いて、ありがとうございます。

カウンター

ただいまの時刻

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR