ピンボケ写真で恐縮です。



20170502-P5020742-2.jpg



↑ ダイブ・コンピュータ 略して ダイコン 。



前記事に書いた、自己管理するダイビングための秘密兵器(?)でございます。

管理するにも、状況・状態がわからなければ管理のしようもないわけで。



このダイコンで、水深とか、時間とか、そろそろ体内の窒素ヤバイよ~とか、

チェックするわけです。



このときの状況は、

水深: 20.6m

水温:: 24度

海に入ってからの時間: 15分

窒素バーの目盛り: 2つ点灯

この水深で潜っていられるタイムリミット: 28分



水深20.6mって、石垣島にしてはちょっと深いんじゃないかな?

石垣島だと、だいたい最大でも水深20m以浅のような?



海の中では、このダイコンを頼りに潜っていきます。



命の次に大事なダイコン!

・・・・・というのが海に入るときの旦那と私の合言葉(笑)




ちなみに、このときのダイビング・ログ。 ↓



2017051212363979e.jpg



最大水深: 24.1m

DIVE TIME: 48分

水温: 24度

平均水深: 10.3m



↓ 水深の推移。



20170512123655f36.jpg



一番深いところから、少しずつ浅いところへ。

たぶん、理想的なダイビングの流れだと思います。



今回の石垣島ダイビング中、この1本が一番深かったようです。

他は最大水深が20mまでも行ってないです。 ↓



201705121240247bb.jpg



これが宮古島だと30mオーバー。

宮古の海は地形が面白くて、狭い穴に入ったり、トンネルのようなところをくぐったり、

「 この下、落ちたら水深80mあるから 」 なんてことがありますが、

石垣島ではそんなところはあまりないような?



石垣島と宮古島って、すぐ近くのようだけど、結構違うんですよ~♪







ダイビング | コメント(6) | トラックバック(0)



今回の石垣島ダイビングで、今までとちがうなぁと思ったこと。



『 安全停止 』 という文字を一度も見なかった。



それは、もしかして、

自己責任で潜っているダイバーにとっては当たり前のことかもしれないのだけど。





石垣島などでダイビングをする際、現地ガイド(インストラクター)さんは

こんなボード に海の生物の名前を書いて教えてくれたり、諸々の連絡をしたりします。



20170503-P5030879.jpg



ちなみに、これは 「ブルーの小さい魚 アマミスズメダイの幼魚」 と書いてあります。



こちらは 「ミヤコテングハギ」 



20170503-P5030826.jpg





ボート・ダイビングの場合、 「 もうすぐ海から上がりますよ 」 というときは、

このボードで 「 このへんで安全停止します 」 というお知らせがあり、

水深5mで約3分間の安全停止のあと、ゆっくり浮上してエキジットします。



が、

今回、この 「 安全停止します 」 と書かれたボードを一度も見なかったんです。



20170503-P5030810.jpg



それは、ガイドさんの怠慢なわけではなくて、

みんな、特に指示されなくても自分で管理できてたってことだと思うのよ。



すげ~、こんなの初めて~。



残圧とか、窒素とか、時間とか、もう船下まで戻ってきてるのねとか、

自分で考えて、自分で安全停止して、自分でエキジットのタイミングを決めてた。



すげ~。

すげ~。



っていうか、もしかして、今までも周囲の方たちはそういうのちゃんとできてて、

私だけ気が付いてなかっただけかもしれんけど(笑)



これからは、こんな感じで自己管理できるようになろう♪












ダイビング | コメント(0) | トラックバック(0)



みなさま、お久しぶりです。

夢のように楽しかったGWも終わり、日常に戻ってまいりました。



今日から仕事。

「 がんばります! 」

・・・と言いたいところだけど、まぁ、ボチボチいきますわ。



ところで、GW直前に起こった悲劇について書きたいと思います。

それは、明日から石垣島へ出掛けるという日の、夕方のことでした。



仕事を終えて帰ろうとした、そのとき!!

ロッカーが、ぶつかってきたんです!!!



ウソです。

ぶつかったんです、

私が、ロッカーに・・・。





いった~い!!



痛いやん!!



あまりの痛さに鏡を見たら、なんと、こんな状態。 ↓



20170508125258365.png



白髪とシワについては、ノーコメントでお願いします。



「 こんな非常事態 ( っていうか笑えるネタ? ) はすぐに報告しなくては! 」 

と、一番にやったことは、写メ撮って旦那にメールすること。



次の瞬間、

「 はっ! そんなことやってる場合じゃないのよ! 冷やさねば! 」

会社の冷凍庫にあった保冷剤をハンカチに包んでタンコブに当てて冷やすこと数分。



タンコブ、全然引っ込みません(-_-;) ↓



20170508125446dc7.jpg



翌日から石垣島でダイビングやっちゅうのに、

こんなとこがこんなに出っ張ってたら、マスクから水が入ってくるやん!

それが一番の問題・・・。





そして、翌日。

すぐに冷やしたせいか、ぷっくり膨れたタンコブは姿を消したものの、

今度は、それはそれは見事な青タンが(-_-;)



DVじゃないんです。

旦那に殴られたわけじゃないんです。

ロッカーにぶつかったんです。



マスクから水が入ってくる心配はなくなったものの、今度は恥ずかしさが。

まぁ、鏡さえ見なければ自分には見えない。

見えないものものはないのと同じっちゅうことで!



石垣島にいる間、ずっと青タンといっしょ。

GWが終わっても、まだまだ私の額に居座る青タンくん。



そろそろ消えてくれてもいいんだけど・・・。



未分類 | コメント(8) | トラックバック(0)

留守にしています。

2017/05/05 Fri 12:15



しばらく留守をしております。



こんなところに行っておりまして(^.^)







また、後日。
未分類 | コメント(4) | トラックバック(0)



自分のことは、

自分ががんばれば良いだけのこと。



どんなにツラくても、大変でも、

自分が苦しみ、自分が悩み、

自分で考え、自分で行動するだけ。



行動するも、しないも自分次第。

進むも、戻るも、立ち止まるも自分次第。



自分の問題。

自分の課題。





しかし、

見守るだけっていうのは、何とも切ない・・・。







未分類 | コメント(6) | トラックバック(0)
« Prev | HOME | Next »